どうもこんにちわ。

 

【オヤジニュース】にようこそおいでくださいました。

 

たくさんのサイトの中からここを訪問してくださってありがとうございます。

 

ゆっくりしていってください (=´▽`=)

 

ガチンコファイトクラブのやらせ疑惑はいつどこから出てきたのか?e

 

20年くらい前にテレビで『ガチンコ!』って番組やってたの覚えてます?

 

TOKIOの番組で『ファイトクラブ』って企画がすっごい人気だったんです。

 

ざっくり言うと、全国から不良集めて、元世界チャンピオンの竹原慎二さんがコーチを務めてプロボクサーにするって企画です。

 

不良の態度、反骨精神、乱闘、更生、努力、勝利、など様々な要素を詰め込んだコーナーです。

 

ま、メインは不良VS竹原&前期生のやり取りだったんですけど。

 

当時高校生だった僕の友達周りもいつもその話してましたね。

 

ほんとにすごい人気だったのです。

 

 
スポンサーリンク
 

 

ガチンコファイトクラブはやらせだった!

 

そのあまりにも過激な番組内容に、当時からやらせ疑惑がありました。

 

ガチンコファイトクラブのやらせ疑惑はいつどこから出てきたのか?1

 

乱闘になっても本気で顔を殴りに行こうとする不良とかいないんですよ。

 

 

荒くれもんだらけの不良たちが初対面なのにやたらと一致団結してたりね。

 

 

大人になった今思見ると『明らかにおかしいだろ!』と思うところ満載の番組でしたね。

 

 

ちょっと頭の回転の早い人なら、当時でも『やらせ』と感じるはずです。

 

 

そのガチンコファイトクラブ、本当に『やらせ』だったんです。

 

 

テレビ局は絶対にそんな事は隠したいはずなのに。

 

 

『やらせ』が明るみになったのは、いつ、どこから、なぜなんでしょう。

 

 
スポンサーリンク
 

 

ガチンコファイトクラブのやらせ疑惑はいつどこから出てきたのか?

 

疑惑じゃなくて確実なんですけどね。

 

 

明らかになった経緯をまとめてみました。

 

ガチンコファイトクラブのやらせ疑惑はいつどこから出てきたのか?2

 

多過ぎてね、書くの大変ですけど・・・(笑)

 

 

色んなパターンがあるのでパターンごとにわけて書いてみようと思います。

 

①出演者たちの行動や言動が明らかにおかしいパターン

 

・TOKIOや番組スタッフが現場を訪れる時には高確率で不良たちの乱闘が起きる。

(TOKIO、スタッフのいないところでここまで乱闘が起きているのなら、乱闘を止める者がおらず、全員もっとケガしてるはず)

 

・不良達がどんなに興奮しても、TOKIOやスタッフに飛び掛かる事が皆無である。

 

・乱闘の際、誰かを殴るシーンがほとんど無い。

(服を引っ張ったり、手や足で体を押しつけたりするシーンばかり)

(三期の序盤で竹中が加藤兄の腹部を2発殴るシーンがあるが、加藤兄がかなり厚着をしており、衣服の内側に雑誌などの防具を仕込んでいる可能性が高い)

 

・五期生に練習指示を出していたのは四期生の梅宮だが、同じ四期生の白岩誠が行う方が適切だった。番組を盛り上げるために、出演者の中で最も華のある梅宮を抜擢した可能性が高い。

(スポーツの世界では不自然過ぎる行動で、格闘技経験者から見るとかなり違和感がある)

 

②番組内では仲の悪い出演者たちが、他番組やメディアで仲の良い様子を報じられるパターン

 

・対立しているはずの一期生の網野と二期生の斉藤がテレビ朝日系『おネプ!』に「立教大学アームレスリング同好会」のサークル員として一緒に出演した。

 

・対立しているはずの二期生の斉藤と四期生の梅宮成哲(現:梅宮哲)が沖縄の餅つき大会に仲良く招待されていた(この件は当時の琉球新報にも載った)

 

③出演者本人が後にバラすパターン

 

・一期生の網野が自身のブログで『やらせ』をバラす。

 

・四期生の谷野(色黒で序盤に竹原につっかかる人)が後に週刊誌に証言した。

 

・コーナー違いだが、オール巨人が著書『師弟〜吉本新喜劇・岡八朗師匠と歩んだ31年〜』にてやらせを暴露している。

 

④週刊誌に暴露される

 

2002年7月、写真週刊誌FLASHがガチンコの台本をまるっと掲載。

 

他にも『やらせだった』と数人の出演者が週刊誌に証言し、一般に暴露された。

 

マジで多過ぎでしょう。

 

 

わざとかと思いますよね。

 

ガチンコファイトクラブのやらせ疑惑はいつどこから出てきたのか?まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

 

ガチンコファイトクラブはYouTubeに定期的にアップロードされ、その度ものすごく再生される、今も人気のテレビ番組です。

 

 

かつてこれほど『やらせ』が疑われ、たくさんの物的証拠や証人がいるテレビ番組は、僕は他に知りません。

 

 

けど、それでもおもしろいのです。

 

 

やはり、おもしろければ『やらせ』だろうがなかろうが関係ないのです。

 

 

みんな『やらせ』ってわかってる、でも見ちゃう、そのくらいおもしろい。

 

 

テレビに番組に限らず、こういうエンターテイメントがもっと増えればいいな、と思います。

 

 

てことで今回はこの辺で。

 

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

 

では。 (=´▽`=)ノ

 

 
スポンサーリンク
 
おすすめの記事