どうもこんにちわ。

 

【おべ】にようこそおいでくださいました。

 

たくさんのサイトの中からここを訪問してくださってありがとうございます。

 

ゆっくりしていってください (=´▽`=)

 

ギルド・テゾーロ、全てはステラの為に。悪党から学ぶモチベの大切さ1-1

 

大人気漫画、アニメであるワンピース、その劇場版『ワンピース・フィルム・ゴールド』に敵のボスキャラとして登場する『ギルド・テゾーロ』がものすごくカッコよかったので、今回記事にしてみようと思います。

 

 

 
スポンサーリンク
 

 

ギルド・テゾーロって誰?ステラとは?

 

ギルド・テゾーロ、全てはステラの為に。悪党から学ぶモチベの大切さ2

 

まずは彼の生い立ちを簡単に説明します。

 

 

幼少期は非常に貧しい家庭に生まれ、その後家出、盗みなどの悪行や非行を繰り返す荒んだ生活を送ります。

 

 

ある日、奴隷として売られている少女ステラと出会い、二人は恋に落ちます。

 

 

テゾーロは彼女を自由にする為、『カネでステラを買う』という手段を選択、真っ当に一生懸命働きます

 

 

で、ようやく彼女を買い取る金額が溜まる頃、ステラは別の人間に買い取られてしまいます

 

 

ゴネたテゾーロも奴隷として連行されてしまうのですが、2年後ステラは死亡します。

 

 

テゾーロは幼少期の貧しい経験もあり、『カネさえあればステラを助けられた』カネへの執着心がより強くなります。

 

 

その後は奴隷の現場からなんとか逃げ出し、またゼロからのスタート、再び悪事に手を染めるようになります。

 

 

悪事を重ねる内に手に入れた悪魔の実『ゴルゴルの実』の能力で海賊として成り上がります。

 

 

段々と金持ちになっていく途中で数々の権力者や政府とも繋がりはじめ、最終的に世界の通貨の20%を支配する世界一の経済力を持つ人間になります。

 

 

普段はカジノのオーナーとして、自分のカジノのショーに自らエンターテイナーとして出演し、盛り上げ役もします。

 

 

大柄な体にピンクのスーツと数々の金の装飾品を身に着け、世界政府、天竜人、海軍とも対等と言えるほどの権力者でもあります。

 

 

しかし絶大な経済力と権力を手にしたテゾーロの心は、金持ちになるにつれ屈折し、傲慢な人間になってしまっていました。

 

 

そんな嫌われ者として、ルフィの前に立ちはだかるわけです。

 

 

と、小さな間違いは多少あるかも知れませんがだいたいこんな感じです。

 

 

まあここまでは割とよくありそうなベタな設定なんです。

 

 

 
スポンサーリンク
 

 

ギルド・テゾーロから学ぶモチベーションの大切さ

 

ギルド・テゾーロ、全てはステラの為に。悪党から学ぶモチベの大切さ3

 

上記のテゾーロの生い立ちを読んであなたはどう思いましたか?

 

 

カネの亡者のクズだと思いましたか?

 

 

愛する女性の為に頑張る良いやつだと思いましたか?

 

 

カネの為に手段を選ばないクズだと思いましたか?

 

 

それとも成り上がる為にしたたかに行動するすごいやつだと思いましたか?

 

 

僕はとんでもなくすごいやつだと思います。

 

 

もともとテゾーロが真っ当に頑張る為のモチベーションの高さはステラへの愛から来るものでした。

 

 

『カネを稼ぐ=ステラを助ける』だったわけです。

 

 

しかし、これってよくよく考えると僕らの現実世界と何も変わらないと思いません?

 

 

大切な人を守る、自分のやりたい事がある、欲しいものがある、その為にお金って絶対必要ですから。

 

 

ステラは死んでしまってもういませんから、テゾーロには愛する人はいないわけです。

 

 

もしまた大切な人が出来たとき、テゾーロは今度はその人を守れるでしょう。

 

 

その人の為に悪事もやめるしょう。

 

 

お金はもうあるんですから。

 

 

多くの日本人は貧乏です。

 

 

お金の心配が無い人なんて日本人の1%もいないでしょう。

 

 

大切な人が病気になれば良い環境で治療させてあげたいし、子供の将来や望みは出来るだけ叶えてやりたい、良い家に住みたい、良い物を食べたい、好きな服を着たい、良いクルマに乗りたい、趣味に好きなだけカネと時間をつぎ込みたい、こういう欲って誰もあるのに、全部お金のかかることばっかりです。

 

 

そのくせ僕らサラリーマンは昇給はほとんどせず、税金ばっかり高くなって、働けば働くほど貧乏になっていってる気がします。

 

 

もちろんお金よりも大切な事も当然たくさんあるんですよ?

 

 

けどおかしな話で、『お金より大切な事を守る為』にお金が要るんですよね。

 

 

つまり『お金ってそこまで大事な物だ』って事を僕は言いたいんです。

 

 

もちろんテゾーロのように犯罪はダメだし、傲慢になるのも人として間違ってると思います。

 

 

しかし、僕はカネを稼ぐためにここまでやるテゾーロの姿には感動すらします。

 

 

『生きる事はカネを稼ぐこと、そしてテゾーロはカネを稼ぐ事に対して誰より真面目で努力家である』と僕はこう思うわけです。

 

 

その手段や方法には賛同できませんが・・・。

 

 

ギルド・テゾーロまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

 

今回はただのオモシロ情報記事じゃなくて、割と真面目な記事でした。

 

 

自分のモチベーションの高さのソースがはっきりしてる敵キャラ、そいつが主人公の前に立ちはだかる作品って良いですよね。

 

 

敵キャラにはきちんとバックボーンと自分の信念や考えがあって、例えば幽☆遊☆白書の戸愚呂弟や仙水忍ハンターハンターのジャイロ(=蟻の王メルエム)とかもそうです。(なぜ富樫作品ばかりなのか)

 

 

敵ながら応援してしまいます。

 

 

逆に幻影旅団とかっていまいちグッと来ないんです。

 

 

なんというか、戦う理由が弱くて感情移入出来ないというか、キャラがうすっぺらいというか・・・。(まだ描かれてないだけか?)

 

 

いちサラリーマンの僕には、『テゾーロには学ぶべきところがあっておもしろいな』って感じました。

 

 

さらに詳しく知りたい方は『ワンピース・フィルム・ゴールド』見てみましょう。

※2018年5月19日(土)21時、フジテレビにて地上波初放送です。

 

 

この記事があなたの人生に少しでも役立てば幸いです。

 

 

ってことで今回はこの辺で。

 

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

 

では。 (=´▽`=)ノ

 

 
スポンサーリンク
 
おすすめの記事