どうもこんにちわ。

 

【おべ】にようこそおいでくださいました。

 

たくさんのサイトの中からここを訪問してくださってありがとうございます。

 

ゆっくりしていってください (=´▽`=)

 

スパイダーマンの強さと筋力や能力!スーツはなんとアイアンマン製?1

 

映画『アベンジャーズ・インフィニティウォー』が公開されましたね。

 

 

映画の公開日は2018年4月27日で、この記事の作成日時は2018年3月の半ばです。

 

 

その為映画公開前の事前情報だけで今回の記事を書いています。

 

 

つまり、映画本編を見ないとわからないようなネタバレは一切ありませんので、ネタバレのイヤな方も安心して本記事をお読みいただけると思います。

 

 

今回はスパイダーマンについて書きたいと思います。

 

 

みんな大好きスパイダーマン!!

 

 

スパイダーマンは映画『スパイダーマン:ホームカミング』『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』より参戦です。

 

 

 
スポンサーリンク
 

 

スパイダーマンの強さと筋力や能力!

 

スパイダーマンの強さはキャプテン・アメリカ、ウィンター・ソルジャー、ブラックパンサーあたりと同じくらいかと思われます。

 

 

なぜかと言うと、この4人は強さの属性がとても似てるからなんですよね。

 

 

この4人の共通点として、武器やスーツ無しでも人間の限界をはるかに超える筋力やスタミナなどの身体能力を有している、という点が挙げられます。

 

 

そして更なる共通点として、武器やスーツなどの強力な装備でさらにパワーアップして戦う、という事もあります。

 

 

具体的な強さの描写は、例えば『シビルウォー』ではスパイダーマンがキャプテン・アメリカと力比べをしているシーンがありました。

 

 

クモの糸の引っ張り合いみたいなやつです。

 

 

結果はキャプテン・アメリカの勝ちでした。

 

 

他には、同じく『シビルウォー』でウィンターソルジャーのパンチを受け止めるシーンもありました。

 

 

この時のウィンターソルジャーのパンチはマシン腕である左のフック気味のストレート、しかも本気気味(笑)

 

 

まだ少年であるスパイダーマンをこれで殴るとか、殺す気マンマンです。

 

 

しかしスパイダーマンはこれを右手だけで受け止め、おしゃべり。

 

 

この時のウィンターソルジャーのビックリした顔は必見です。

 

 

とまあ、以上のような事からスパイダーマンは筋力だけでも相当である事がわかります。

 

 

他にも特殊能力としてスパイダーセンス、壁に張り付く、クモの糸などがあります。

 

 

スパイダーセンスは第六感というか、めちゃくちゃ感覚が鋭くなってほんの数秒先の未来を予知するような能力です。

 

 

クモの糸はスパイダーマンの中の人である、ピーター・パーカー自身が開発したウェブシューターと呼ばれる機械を使って出します。

 

 

この糸がかなりの強度で、自重の何倍もの重さにも耐えられる代物です。

 

 

ここらへんは僕が解説するまでもありませんね。

 

 

ただしスパイダーマンには短所もあります。

 

 

中身はまだ子供ですので、戦闘の経験が浅く戦略や戦術はまだまだです。

 

 

逆に経験値の低い状態でこの戦闘力ですから、成長すればまだまだ強くなるでしょう。

 

 

先が楽しみなキャラクターですね。

 

 

 
スポンサーリンク
 

 

スパイダーマンのスーツはなんとアイアンマン製?

 

スパイダーマンの強さと筋力や能力!スーツはなんとアイアンマン製?3

 

この太陽の光がキラキラ反射したメタルなスーツ、これを見ればこのスーツが今までにない機械的な物である事がわかるかと思います。

 

 

スパイダーマンはアイアンマンの中身であるトニー・スタークが目をかけているので、こういうサポートもしてるんですね。

 

 

機械に強いトニー・スタークらしく金属が多く使われているようなので、当然防御力は高くなっているでしょう。

 

 

スパイダーマンの最大の長所はその敏捷性ですから、あまり重装甲にならないようにしているみたいですね。

 

 

インフィニティウォーでは今までのスパイダーマンになかった新しいスパイダーマンが見れそうです。

 

 

このスーツにはトニー・スタークならではの新たな機能が他にも盛り込まれているはずです。

 

 

実は『ホーミカミング』でもかなりハイテクが盛り込まれてました。

 

 

アイアンマンのジャービスのような、『カレン』という人工知能が付いてたり、映像を記録してたり、機械や画像を解析したり、ネットに繫がってたり、ウェブシューターのオプションが数百種類も突いてたり・・・。

 

 

すでにこの完成度のスーツがさらにアップグレードしてるんだから、これは期待せざるを得ません。

 

 

と言うかこんなペラペラのタイツスーツになんでこんな多機能盛り込めるのか・・・。

 

 

『ホームカミング』は現実離れし過ぎてて、実は僕はあんまりおもしろいと思えなかったんですよね。

 

 

ちなみに僕のオススメスパイダーマン映画は『スパイダーマン2』(2004年)です。

 

 

電車を止めるシーンとか最高ですよ。

 

 

スパイダーマンまとめ

 

以上がスパイダーマンの考察です。

 

スパイダーマンの強さと筋力や能力!スーツはなんとアイアンマン製?2

 

まだまだ発展途上、これから経験積んでどんどん強くなるでしょう。

 

 

そしてアイアンマンによるスーツのアップグレードも見込めます。

 

 

インフィニティウォーでは今までに無いスパイダーマンが見れるでしょう。

 

 

以前に主要メンバーについてまとめた記事も書きましたのでそちらもどうぞ。

 

それから映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』における各メンバー個別の考察記事も書いていますので、よろしければどうぞ。

 

 

スパイダーマン、中身はまだまだ子供ですので、他のメンバーとの絡みも楽しそうですね。

 

 

今まではアベンジャーズメンバーの子供との絡みってありませんでしたから。

 

 

また一つインフィニティウォーの楽しみが増えました。

 

 

では今日はこのへんで。

 

 

 
スポンサーリンク
 

 

コメントを残す