今回はネタ要素強めの記事です。

 

内容なタイトルの通りです。

 

おバカなことを真剣に考えてみました。

 

現実世界がウォーキング・デッド化したらどこに逃げるのがベスト?e

 

大人気海外ドラマ『ウォーキング・デッド』あなたは見ておられますでしょうか?

 

またもやウォーキング・デッドの世界が現実になった時の事を考察してみました。

 

今回はベストな逃げ場所についてです!

 

ちなみに、前回の記事はこちらです。

※最後にもう一度リンクを貼っておきます。

 

 

※本記事にはドラマ本編のネタバレが含まれます。ネタバレの嫌な方は見ないようにしてください。

 

 

まずはルール説明!

 

①ゾンビはウォーキング・デッドの世界に登場するものと同じ

 

  • 知性は無し。
  • 視覚、聴覚、嗅覚が生きている。
  • 新鮮な血や肉を求める為生きている人間を襲う。(その為ゾンビ同士の共食いは無い)
  • 脳を潰すと行動停止する。(心臓が停止しても活動する、脳が無事なら首だけになっても動く。)
  • 走らない。
  • 音に敏感で音源に近づく性質がある。
  • 人間がゾンビに噛まれたり引っかかれたりしてケガをしてしまうと、ゾンビ化する。
  • 一度ゾンビになってしまうと人間に戻す方法は無い。

 

②舞台は日本

 

ドラマの舞台はアメリカですが、今回ここでの話は日本国内がゾンビだらけになったものとします。

 

 

 

以上2点がこの記事でのルールです。

 

要はウォーキッグ・デッドのゾンビパニックがそのまま日本で起きた、と考えてもらってOKです。

 

ではここから本編になっていきます。

 

 

現実世界がウォーキング・デッド化したら都会か田舎のどちらに逃げるべき?

 

ドラマ本編を見た方にはわかるのですが、ゾンピパニック発生から数年も経つと、食料が無くなります。

 

缶詰などの保存食ですね。

 

遅かれ早かれこういう既製品の食糧は尽きます。

 

ですので、いずれは自給自足の生活になります。

 

畑で野菜を作り

家畜を育てて食肉を確保し

海や川で魚介類を獲り

森で野生動物を狩り

山で山菜やキノコを採取することになります。

 

なんかモンハンみたいですね。

 

ということで、なるべく早い段階で自給自足の生活に慣れなくてはいけません。

 

農業スキルが上がるまでは、既製品の食糧で飢えをしのがなくてはいけません。

 

早い内に野菜作りのスキルを上げておきましょう。

 

と考えると、畑の少ない都会よりも、畑の多い田舎の方が有利です。

 

なによりまず、都会で既製品の食糧調達を行っている時に、他の生存者と鉢合わせするのが危険です。

 

相手の武器の方が強ければ早々に殺されてしまいます。

 

 

現実世界がウォーキング・デッド化したら海か山のどちらに逃げるべき?

 

人間が生きていく上で絶対に必要なものがあります。

 

それは水と塩です。

 

水は山でもゲット出来ますが、塩は山では取れません。

 

ですので塩を確保するためにある程度海が近くないといけません。

 

海水をバットか何かに入れ、干上がらせて乾燥させ、塩を手に入れるのです。

 

海水のまま運搬するのは重くて大変ですので、乾燥作業はなるべく海の近くで済ませてしまいたいです。

 

しかしここでひとつ問題が。

 

ゾンビは溺れないのです。

 

つまり海からやってくる可能性もわずかながら考えられます。

 

それに海辺付近に拠点を構えると、他の生存者が侵略してきた時、海に追いつめられて終わりです。

 

なので、逃げ道はなるべく四方八方に用意しておきたいところです。

 

ということで、ある程度海は近い方が良いが、海辺に拠点を構えるのはNGですね。

 

山なら野生動物も狩ることも出来ますし、フキやワラビなどの山菜やキノコ類を獲ることも出来ます。

 

ですので『海がある程度近い山』が最も理想的です

 

 

現実世界がウォーキング・デッド化したら北か南のどちらに逃げるべき?

 

これは難しい問題ですよね。

 

日本は春夏秋冬がはっきり分かれていて、夏は暑く冬は寒いところが多いです。

 

特に近年の日本の夏は酷暑で、暑さで亡くなる方も多かったです。

 

岐阜県なんかは話題になりましたよね。

 

なのに岐阜って冬はけっこう雪降るんですよ。

 

高鷲スノーパークやウイングヒルズ白鳥など、ものすごく有名なスキー場もあるくらいですから。

 

しかも岐阜は海が無く、塩を確保できません。

 

ゾンビパニックが起きたら間違いなく岐阜からは撤退した方が良いでしょう。

 

それに雪の中からゾンビが出てくる危険を考えると、雪の降らない地域が良いかと思います。

 

かと言って夏の暑さがひどい地域もやめた方が良いですね。

 

ゾンビでも侵略者でもなく、暑さに殺されるなんてたまったもんじゃありません。

 

「じゃあ具体的にどこなんだ?」と聞かれると、夏でも冬でも柔軟に対応できるように、

  • 標高の高い山がある
  • 海が近い

この二つの条件を満たす場所ですね。

 

基本的には東北地方が良いかと思います。

 

意外と北海道もありです。

 

それから、富士山のある静岡県なら、海も山もあっていいですね。

 

 

現実世界がウォーキング・デッド化したらどこに逃げるのがベスト?まとめ

 

以上、まとめると…

ゾンビの世界ではここに逃げろ!

東北地方か北海道の田舎が良い。

理由は…

  • 他の生存者になるべく出会いたくない
  • 野菜が作れる環境が良い
  • 暑さをしのぐため、夏はある程度高地で過ごせる
  • 塩を作るのに海が近い

 

しかしこれらは全て想像の話です。

 

実際にゾンビだらけの世界になってみないとわからなことがほとんどです。

 

もしもの時のために普段からいろいろ備えておきましょう。

 

最後に、冒頭で紹介していた関連記事です。

 

お暇でしたらまた読んでみてください。

 

ということで今回はこの辺で。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

では。 (=´▽`=)ノ

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事