どうもこんにちわ。

 

【おべ】にようこそおいでくださいました。

 

たくさんのサイトの中からここを訪問してくださってありがとうございます。

 

ゆっくりしていってください (=´▽`=)

 

黒い砂漠モバイルをiPhoneSEでプレイでするどうなるのか?e

 

今回はスマホゲー『黒い砂漠モバイル』を、低スペックスマホであるiPhoneSEでプレイするとどうなるのか?を実際にやってみたので結果を書きたいと思います。

 

 
スポンサーリンク
 

 

黒い砂漠モバイルをiPhoneSEでプレイ、そもそも『黒い砂漠』って?

 

黒い砂漠モバイルをiPhoneSEでプレイでするどうなるのか?1

 

テレビCMやインターネット広告でめちゃくちゃ露出しまくってるんで、多くの方が聞いた事くらいはあるんじゃないかと思います。

 

 

『黒い砂漠』ってのはMMORPGというジャンルのゲームです。

 

 

MMORPGって言うのはオンラインゲームの一種で、プレイヤーがゲームの主人公になって敵を倒して自分が強くなって、さらに強い敵を倒してってのを繰り返して『自分自身が成長しながらストーリークリアを目指す』タイプのゲームです。

 

 

『黒い砂漠』は元々はパソコンのゲームで、作ったのは韓国のゲーム開発会社Pearl Abyssです。

 

 

※韓国はインターネット文化は日本よりもかなり進んでいて、オンラインゲームの発達もすごいです。世界一有名なMMORPG『リネージュ』なんかも韓国産です。

 

 

日本を代表するMMORPGって言うとFF11やFF14ですね。

 

 

ドラクエ10はなぜかMMORPGには分類されません。

 

 

ちょっと脱線してしまいましたが、MMORPGを作らせたら世界一の国が本気で作ったゲームです。

 

 

ストーリー、グラフィック、音楽、演出、キャラデザインなどがどれもが非常に高いレベルで、当然ながら容量の多い、つまり『重い』ゲームとなっています。

 

 
スポンサーリンク
 

 

黒い砂漠モバイルをiPhoneSEでプレイ、そもそもiPhoneSEって?

 

iPhonneSEとは2016年にアップルがリリースした小型のスマートフォンです。

 

黒い砂漠モバイルをiPhoneSEでプレイでするどうなるのか?3

 

iPhoneは年々高性能になっていってますが、サイズや価格もそれに伴って上がっていってます。

 

 

そんな中で『廉価版』的な立ち位置で発売されたiPhoneSEなんですが、その小ささと扱いやすさから熱狂的なファンがいまだに多数います。

 

 

以前にこんな記事も書いていますので、お暇なら読んでみてください。

 

そんなお安いiPhoneSE、もちろん最新のスマホを求める若者からはバカにされる、少しかわいそうな機種です。

 

 

性能も低いです。

 

 

形は小さいですが、性能的にはiPhone6Sとほぼ同等となっていますので、現時点で最新のiPhoneXSから考えるともう4世代前の機種になりますね。

 

 

今回実際に使ってみたiPhoneSEは以前僕が使ってた物を使用します。

 

 

使用していた期間は2年半くらいです。

 

 

バッテリーの最大容量は81%です。

 

 

※設定アプリ⇒バッテリー⇒バッテリーの状態、で見れるのでお手持ちのiPhoneで確認してみてください。80%を切ると交換すべきとされています。

 

 

そんなボロボロのiPhoneSE、最新のMMORPGの使用にどこまで耐えうるのでしょうか?

 

黒い砂漠モバイル(MOBILE)をiPhoneSEでプレイするどうなるのか?

 

ここからがいよいよ本題です。

 

黒い砂漠モバイルをiPhoneSEでプレイでするどうなるのか?4

 

まず文字の大きさについて。

 

 

iPhoneSEはコンパクトなので、はっきり言って複雑なゲーム向きではありません。

 

 

ですので、MMORPGのような画面に表示される情報量の多いゲームは文字が小さすぎて見にくいです。

 

 

大きな画面で出来るならどんなにラクかと思います。

 

 

けど出来ない事はないです。

 

 

よく見れば小さいながらもはっきりと文字は読めます。

 

 

ま、これはコンパクトなスマホを使ってる以上ガマンするしかないですね。

 

 

文字の大きさと同じくらい重要な事があります。

 

 

それは操作性です。

 

 

戦いは基本的にはオートで放置ですので楽ちんです。

 

 

けどアイテムを選んだり、アイコンや文字をタップするのはかなりやりづらいです。

 

 

これも小ささ故の宿命ですね。

 

 

ほんと、複雑なゲームの操作に弱いです。

 

 

次に発熱の話です。

 

 

この記事を書いているのは2019年の2月の寒い時期です。

 

 

室温は15~20℃です。

 

 

iPhoneSE本体は放熱の為、ケースは使わずに使用しています。

 

 

で、実際にやってみたんですが・・・

 

 

iPhoneSE本体はあたたかくはなりますが、アチアチになる感じはありません。

 

 

長時間の使用も待ったく問題ナシですね。

 

 

試しに5時間ほどオートで戦ってみたのですが、カクつきとかの処理落ちも一切ありません。

 

 

まさかこんなにずっとナメらかに動いてくれるとは予想外でした。

 

 

PUBGなんかはすぐにカクついてプレイ出来なかったんですけどね。

 

 

ただし、夏はどうなるかわからないです。

 

 

今よりも室温が高くなると冷却が追いつかずパフォーマンスが低下する可能性がありますね。

 

 

最後にバッテリーの消耗です。

 

 

充電は当然めちゃくちゃ早く無くなります。

 

 

たぶんフル充電でも1時間もたないと思います。

 

 

30分~1時間くらいでしょうか。

 

 

バッテリーが減った状態で充電とプレイを同時にすると、充電速度は激遅です(笑)

 

 

たぶん電力消費はものすごく多いんでしょうね・・・・

 

 

あと、大事な『設定』なのですが、画面右上のメニュー⇒右下の設定⇒画面中央上部グラフィック⇒上から二つ目の『効果品質』を『普通』にしています。

 

黒い砂漠モバイルをiPhoneSEでプレイでするどうなるのか?5

 

ここ、たぶん最初は『髙い』だと思うんですけど、『普通』にしてもiPhoneSEの場合ほとんど変わりませんので。

 

 

ちょっと省エネになってます。

 

黒い砂漠モバイル(MOBILE)をiPhoneSEでプレイするどうなるのか?まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

 

結論としましては・・・

 

 

画面の小さささえ我慢出来れば、かなり普通にプレイできる、ということですね。

 

 

発熱もバッテリーも割と大丈夫です。

 

 

ちょっと前にPUBGを一生懸命やってたんですが、PUBGよりはかなり快適にプレイできたのがいちばんびっくりしました。

 

 

個人的にはPUBGよりも黒い砂漠の方が重いと勝手に思っちゃってました。

 

 

というよりも逆にPUBGが重すぎるだけなのかも知れません。

 

 

お手持ちのスマホがiPhoneSEの方も少しでも興味があれば『黒い砂漠』をプレイしてみてください。

 

 

けど、今は作っていない貴重なiPhoneSEですからね、バッテリーのに負担はかけたくなところですね。

 

 

てことで今回はこの辺で。

 

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

 

では。 (=´▽`=)ノ

 

 
スポンサーリンク
 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事