ランチに行ってきました。

以前からちょくちょくこのお店には食事に来ます。

 

今回僕が注文したのはダブルチーズバーガー。

クリックで拡大します。
エスケール ダブルチーズバーガー

とんでもないでかさです。

お値段1600円。

130gのパティが2枚入ってます。

エスケールのパティは普通のハンバーグとはかなり違います。

肉のキメがものすごく荒いんです。

ミンチじゃなくって、サイコロステーキを固めましたって感じで、ハンバーグよりもステーキ食べてる感じに近いです。

ハンバーグ食うくらいならステーキの方がいいんだけど、って思う人でも大満足できるパティになっております。

これはそれが2枚!!

他にも130gパティがなんと3枚入ったアメージングバーガーなんてのもあります!!

俗に言うトリプルバーガーってやつですね。

 

さあこのダブルチーズバーガー、味は当然のように極上で上質のステーキの噛み応え、脂の旨味と甘み、レタスのシャキシャキ、ピザソースとチーズの風味、バンズのボリューム感、全てがとんでもなく高い次元でバランスが取れています。

世界中の全ハンバーガーの中での王様なんじゃないかとさえ思いました。

そのくらい旨いです。

当然デカすぎるのでそのままガブリとやる事は出来ません。

テーブル上に置いてある紙袋に包んでプレスして平たくして食べるのですが、ボリュームあり過ぎてつぶれない・・・(笑)

パティもバンズもしっかりし過ぎてて(良い意味で固い)、口の大きさになるまで小さくならない。

と言う事で斜め上や斜め下など、齧りやすいところからやっつけていきます。

だけどそれがまた良い。

一口食べる度に口の中に入る食材の割合が変わるわけだから、一口毎に違う味、それがものすごく楽しいです。

 

 

 

ここまで読んでくださった方はわかるかも知れませんが、僕はハンバーガー大好きです。

自作もたまに作ります。

クリックで拡大します。自作バーガー

こんなんです。

ド素人が作るので当然見てくれは悪いです。

ローストオニオンや厚切りトマト、両面焼きの目玉焼き等、欲張ってたくさんの具を入れてしまいますので、かさ高くなって食べにくいです。

エスケールのマネしてパティは毎回丸めたステーキ風です(笑)

肉だけは良いのを使うので(材料費だけでバーガー1個あたり1500円前後)、味はそれなりに美味しいのですが、バンズのパワーが無さ過ぎるんですよね。

写真のは確かスーパーで買ったやつです。

色んなパン屋でハンバーガーに合うバンズを探したり、バゲットやマフィンなんかでも試してみましたが、結局いまだに良いバンズが見つけられていません。

バンズも自作した時はそれなりに良いのが出来たのですが、パン作りって手間がかかり過ぎるんですよね。

毎回パンから作ろうって気持ちにはなりません。

 

その点、エスケールのバンズは素晴らしいです。

実はエスケール自体はログハウス的な木造の建物の2階にあるのですが、1階がパン屋さんになっています。

この1階のパン工房で2階のエスケールのパティのパンチに負けないバンズを作ってるんですね。

肉汁やソースが染み込んでもベチャベチャにならずにしっかりとした噛み応えを保てるバンズが本当にうらやましいです。

 

結局ハンバーガーってやっぱりパンなんですよね。

美味いパンが無けりゃハンバーガーじゃなくてハンバーグでいいじゃんって話ですから。

世界最高の旨さと評価される和牛、その和牛の旨味に飲み込まれない体力のあるバンズを作れる環境ってのは、ハンバーガー作りにおいて非常に強力な武器だと思います。

そう意味では日本のハンバーガーってもしかして世界一美味いんじゃないでしょうか。

エスケールのハンバーガーは、おそらくハンバーガーの研究をしまくってしまくってついにようやく完成した至高のハンバーガーなんでしょう。

作り手の探求心と努力を感じずにはいられません。

今書いてて再実感したのですが、『至高』という言葉がこれほど合う料理もなかなか無いと思います。

しかもそれをハンバーガーでやってるんだからすごい話ですよ。

なんか寿司に似てますね。

生魚と酢飯を合わせただけのシンプル料理なのに板前さんの技量と素材で出来上がりに天地の差が出る、ハンバーガーも同じでハンバーグをパンで挟んだだけのお手軽料理なのに、作り手によって全く味が異なる、そういう意味では寿司とハンバーガーって似てます。

エスケールは世界トップレベル。

だから決して安くはないこのお値段でもたくさんのお客さんが来られるんですね。

 

昨年ハワイに行って本場のハンバーガー食べまくって来ましたが、はっきり言ってどのお店もエスケールの足元にも及ばないと思います。

クリックで拡大します。エッグスンシングスン

写真はエッグスンシングスン、ワイキキビーチエグスプレス店のハンバーガー。

角度が悪くほぼポテトの写真ですみません。

例えばこのハンバーガー、美味しいんだけど感動は無いです。

ハワイのハンバーガーはみんなそんな感じでした。

 

 

 

 

とここまで長々とバンズの話をしてきたわけですが、この日連れがオーダーしたのはビーフプレート。

クリックで拡大します。エスケール ビーフプレート

お値段1100円。

これも角度が悪くサラダメインの写真で申し訳ないです。(エスケールのフェイスブックのページならきちんとした写真が見れます。)

ご飯の上にパティとベーコンが乗ってます。

これも少し分けてもらって食べたのですが、大変申し訳ないのですが、めちゃくちゃ美味いです。

本当にすみません。

ここまでハンバーガーについてなんやかんや語っておきながら、正直ハンバーガーより美味しいです。

元来お米好きの自分ですが、嘘は吐けません。

お米、めちゃくちゃ美味しいです。

昨年僕が一生けん命作ったお米よりもはるかに美味いです。

お米一粒一粒がものすごくしっかりしてて、肉のパワーに負けてないんです。

ソースも抜群に旨いです。

ニンニクの利いた食欲をそそる香り、味は照り焼き風なのか何なのかわかりませんがとにかく美味し過ぎ、ワケがわかりません。

ハンバーグの旨味とパンチ、お米の存在感、二つの長所を最大限に引き出して味を纏め上げてるソース、美味し過ぎて僕の理解をはるかに超えている・・・。

とにかく素晴らしい。

この一言しか出てきません。

今までエスケールでは色んなハンバーガー頂きました。

こんな事書くのは自分でも悔しいのですが、このビーフプレート、僕いちばん好きです。

全メニュー食べたわけではないですが、歴代のメニューでいちばん美味しいと思います。

嘘は吐けません。

ごめんなさい。

次エスケール行ったら絶対ビーフプレート食べると誓います。

『美味しい肉は塩とわさびでシンプルに食うのが一番旨い、ソースやタレは要らない』そう信じてきた自分の料理感、あっさり覆されました。

ベーコンもとんでもない旨さです。

塩加減、バツグンです。

ハンバーガーと違ってビーフプレートは基本的に最初から最後まで同じ味なので、このアクセントは嬉しいです。

エスケールさん、ハンバーガー屋さんでパン屋さんでもあるのにこんな記事書いてしまって本当に本当にすみません。

これはあくまで僕個人の感想です。

ここまで美味しい物になると、後は個人の好みの問題にもなってきます。

実際連れはハンバーガーの方が美味しいと言ってましたので。

 

 

 

と、ここまで色々書きまくってごちゃごちゃ言いまくったのですが、実はここからが僕の最も言いたい事なんです。

クリックで拡大します。エスケール シナモンロール

エスケールのシナモンロール。

お値段500円。

初めてこのスイーツに出会ったのは2年前、2016年の2月。

初めて食べた時には衝撃が走りました。

今まで食べたどのスイーツよりもぶっちぎりで美味いです。

それから2016年、2017年、たくさんの有名店のケーキやチョコなどのスイーツを食べましたが、どれもこいつに勝てる気配すらありません。

僕の周りにはこのシナモンロールを食べたいがためにエスケールに行きたいという友人もいます。

僕もエスケールに行くとこいつだけは絶対に食べます。

そして毎回思います。

『ああ、これだわ・・・。』

僕の中ではスイーツの王様、漫画はじめの一歩で言うリカルド・マルチネス、車で言うとロールスロイス、ドラクエで言うとダークドレアム、そんな存在です。

このシナモンロールについては多くは語りません。(もうじゅうぶん語ってますが)

これを読んだ人にはとにかく行って食べてほしいです。

あと、写真ではチョコソースが無いのですが、通常はアイスにかかって出てきます。

今回は抜いてもらいました。

ちなみにシナモンロールは1階のパン屋さんでも買えます。

200円です。

 

 

と、ここまでエスケール褒めまくってきましたが弱点もあります。

まず一つ目に立地の悪さ。

最寄り駅は神戸電鉄の田尾寺駅、もしくは神戸電鉄の岡場駅となります。

どちらからも片道2km以上歩かないといけませんので、電車で行くのは少ししんどいかな、と思います。

じゃ車かバイクで行けばいいじゃんって話なんですが、ここからが二つ目の弱点。

駐車場が少し遠く、100mくらいは離れてるんじゃないでしょうか。

晴れてるならまだ良いのですが、雨だと傘は必須です。

そして3つ目。

駐車場が舗装されていないので、雨だと足元がグチャグチャです。

食事を終えて帰る時は泥だらけの靴で車に乗り込む事になるでしょう。

4つ目。

駐車場の出入り口の勾配がきつい。

最低地上高の低いスポーツカーやビップカー、フロントオーバーハング(前タイヤの軸からボディの先端までの距離)の長い大型セダン等ははフロントバンパー下を擦ってしまいます。

擦らないように最低地上高の高い車を買いましょう(笑)

と、このくらいでしょうか。

どれも交通に関する事ばかりですが、ここの料理の美味さに比べると些細な問題ばかりだと思います。

 

お店の公式サイトも紹介したいのですが、2017年7月?8月?にオーナー様が変わられたようで、公式サイトが現時点で無いようです。

気になる方は是非是非『エスケール』でググってみてください。

そして行ってください。

そしてシナモンロール食べてください。

中毒になりますから(笑)

ちなみに以前のバーガーはこんな感じでした。

クリックで拡大します。以前のエスケールのバーガー

エスケールのハンバーガーの食べ方ハート型のケチャップが嬉しかったです。

ポテトの形も変わって、サラダが付くようになりました。

食べ方は相変わらず変わりません。

実はプレート料理も以前は無かったんです。

サイドメニューのナポリタンやナチョスもバカうまですよ。

ナポリタンは新しいお店になってあるのか無いのか忘れてしまいましたが、ナチョスはありました。

あと肉が微妙に変わってるかな?

なんか脂の甘みや旨味を強く感じました。

パティ2枚のダブルだったからかもです。

ピザっぽいソースも以前は使われてなかったような・・・。

多少変わったような気がしないでもないですが、店の雰囲気や料理の美味さは変わりません。

 

以上、長くなってしまいましたがこれにて失礼します。

 

約4500字、こんな長い記事書いたのはじめてです(笑)

そんだけエスケール愛が深いって事なんでしょうか。

 

では。

おすすめの記事