今回の記事は『カップ麺を冷水で作って食べる』にはどうすれば良いのか、より美味しくするにはどうすれば良いのか、食べる時の注意点なんかを書いていきます。

 

災害時の食事に最適?カップ麺を冷水で作って食べる方法と注意点e

 

このたびは平成30年7月豪雨で被害に遭われた方に心よりお見舞い申し上げます。

 

被災時、電気やガスが使えない中でカップ麺を冷水で食べる事が出来ないかどうか調べましたので、ここにまとめておきます。

 

画像は日清のカップヌードルですが、他社の製品でも問題無く食べられる方法を紹介しています。

 

日本を代表するカップ麺と言えばこれかな、という思いでカップヌードルの画像をチョイスさせていただきました。

 

カップ麺のほかカップ焼きそば袋麺についても書いています。

 

 
スポンサーリンク
 

 

災害時の食事に最適?

 

最適ではありません。

 

美味しい、美味しくないは個人の好みですので、そこはひとまず置いておいて、やはり栄養バランス的によろしくありません。

 

栄養については詳しくありませんが、栄養学のド素人の私が考えてもたんぱく質、ビタミン、ミネラルが不足しているのは明らかです。

 

しかしこういったインスタントのジャンクフードが大勢の方に好まれているのも事実です。

 

カップ麺、私もたまに無性に食べたくなります。

 

ですが上でも書いた通り、決して健康に良い食べ物ではありませんので、食べすぎには注意しましょう。

 

 
スポンサーリンク
 

 

カップ麺を冷水で作って食べる方法

 

結論から言いますと水を入れてから単純に『長く待つ』です。

 

粉末スープは先に入れてください。

 

乾燥した麺とかやくですから、お湯で戻すより冷水で戻す方がはるかに時間がかかります。

 

お湯で3分のカップ麺の目安としては15分~20分くらいが良いとされています。

 

太めの麺のラーメンやうどんなどはプラス5分くらい見ておくと良いです。

 

この記事を書いてる現在は平成30年7月豪雨災害から一週間後。

 

つまり気温も水温も年間で最も高い時です。

 

3.11東日本大震災や阪神淡路大震災(1月)なんかは冬の寒い時期ですので、水を入れてからの時間もより長く待たないといけません。

 

そういった冬場の場合は、お湯で3分のカップ麺は40分ほど待つと良い感じになるそうです。

 

ですので夏は20分、春秋は30分、冬は40分くらいがだいたいの目安になると思われます。

 

カップ焼きそばを食べる場合は、麺が十分に浸かるように水を入れて15~20分待ち、水を捨ててからソースを入れます。

 

液体ソースなら良いのですが、粉末ソースは溶かすにの温度が必要な為、いくら混ぜても溶けない可能性もありますので、食べる前にソースが粉末なのか液体なのか確認しておくべきです。

 

袋麺は口を開けた袋に直接水を注ぎます。

 

麺がふやけるのと同時に袋がだらーんとしてきますので、こぼれないように何かでしっかり固定してください。

 

ティッシュの空き箱なんかを加工して、受け皿にすると良いかも知れませんね。

 

チキンラーメンも水で作る事ができます。

 

チキンラーメンは後入れのスープがありませんので、味にムラが出来にくくオススメです。

 

カップ麺を冷水で作って食べる時の注意点

 

清潔で安全な水を使う

 

井戸水や地下水なんかは地中で汚染されている可能性がありますので、口にしてはいけません。

 

ペットボトルのミネラルウォーターなら文句ナシです。

 

給水車などから配給される水は、飲料水として使えるのか事前に確認してください。

 

海鮮系の具に注意

 

海鮮系の具が入っているものは、生臭さが出るものもあるようです。

 

日清カップヌードルなんかはエビが入っていますよね。

 

干しエビやわかめ、イカ、タコなんかが苦手な方は注意しましょう。

 

よく混ぜる

 

お湯じゃなく水で作る場合は当然ながらスープが溶けにくいです。

 

スープの濃さにムラがあったり、溶け残りのスープが底に沈んでいる可能性が非常に高いので、食べる直前には底の方を念入りにかき混ぜてスープを均一にしましょう。

 

そうしないとひどく味が薄い時があるようです。

 

カップ麺以外も食べる

 

上でも書いていますが、カップ麺だけでは栄養不足になります。

 

ビタミンなんかも積極的に摂りたいところですが、被災時に野菜を食べることは困難だと思われます。

 

手軽に栄養を補えるビタミンのサプリメントなんかもあれば良いですね。

 

みかんの缶詰は他の缶詰と比較してビタミンCが多く含まれていてオススメです。

 

災害時の食事に最適?カップ麺を冷水で作って食べる方法と注意点まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

色々とノウハウを調べながらこの記事を書いたのですが、びっくりしたのがカップ麺は『水で作ってもウマい』と言う意見が非常に多い事です。

 

冷やしラーメンのようになる、とか冷たいインスタント麺が新鮮だとか言ってる人も多いのです。

 

冷カップ麺、これから流行るかも知れませんね。

 

ちょっと不謹慎になってしまいましたが、この記事が被災した方に少しでも役立てば幸いです。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

では。

 

 
スポンサーリンク
 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事