煽り運転の宮崎文夫がものすごく話題になっていますよね。

 

ニュースでもこの人の話題で持ち切りです。

 

どんな人物なのか調べて見ると、実は高学歴でサラリーマン時代の経歴もすごいという興味深い人物だったことがわかりました。

 

煽り運転の宮崎文夫、実は高学歴な経歴のエリート実業家だった!e

 

今回はこの人の学歴や経歴をまとめてみました。

 

 
スポンサーリンク
 

 

常磐道煽り運転事件の概要

 

知ってる方も多いと思いますが、まずはこの事件の概要からどうぞ。

 

2019年8月10日、常磐自動車道にて、20代男性の運転する乗用車に対して煽り運転を行います。

その後、20代男性の車の前に回り込み、強制的に車を停止させた後、車から降りて暴言を吐きながら20代男性の顔を激しく5発殴打しました。

その様子は全て20代男性の車に取り付けられていたドライブレコーダーに記録されており、瞬く間にネットで拡散しました。

なお、宮崎文夫の運転していた車の車種は、BMWのX5という高級SUVでしたが、これは宮崎文夫が所有していたものではなく、ディーラーの所有する代車でした。

宮崎文夫本人の所有するの車は修理中で、その間に借りていた車です。

宮崎文夫の同乗者はで喜本奈津子という51歳の女性で、終始ガラケーで一連の流れを撮影しており、ドライブレコーダーの映像ではかなり不気味な存在です。

2019年8月16日、宮崎文夫は指名手配犯となります。

2019年8月18日、大阪市内で確保、逮捕されます。

 

被害者を殴打する暴力的な映像はかなりセンセーショナルでした。

 

車外から窓ごしに運転席の男性に食らわしたパンチはなかなか腰が入っていて、体重も乗っていてスピードもあり、殴られた男性は逃げ場も無くて本当に怖かっただろうと思います。

 

もしかしたら打撃系の格闘技経験なんじゃないかとも思いました。

 

 
スポンサーリンク
 

 

煽り運転、宮崎文夫のプロフィール

 

ここからが本題となります。

 

宮崎文夫のプロフィールや学歴、経歴をまとめてみました。

 

名前:宮崎文夫

生年月日:1975年か1976年、誕生日は不明

年齢:43歳(2019年8月現在)

身長:正確な数値は不明だが、映像を見る限り170~175cmくらい?

職業:不動産会社経営

 

煽り運転、宮崎文夫の学歴

 

テレビで紹介されていた情報になるのですが、学歴だけ聞くとかなりの高学歴インテリのようです。

 

行動に知性は全く感じられませんが・・・。

 

出身高校:大阪府立天王寺高校(男女共学、偏差値75)

出身大学:関西学院大学(兵庫県の私立大学、男女共学、偏差値62~78)

 

天王寺高校の偏差値はなんと75です。(2019年度)

 

これは大阪府下でも第3位の偏差値になります。(私立、国公立含めて)

 

宮崎文夫の高校生時代もここまで偏差値が高かったのかどうかは不明ですが、当時でもかなり高かったのは間違いありません。

 

大学も関西学院大学、これは関西でも有名な賢い大学です。

 

偏差値は幅があるのですが、50~65とされています。

 

そりゃ大阪大学や京都大学のような、日本トップレベルの大学には劣りますが・・・。

 

関東で言ならマーチクラスです。

 

マーチとはMARCHの略で、明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学を指します。

 

平均偏差値はだいたい60くらいとされています。

 

大学の偏差値は毎年微妙に変わりますし、学部によっても大きく違いますので、『勉強のできる子』程度に考えておくのがいいでしょう。

 

煽り運転、宮崎文夫の職歴、経歴

 

宮崎文夫は社会人になってからの経歴もすごいです。

 

2000年4月にはなんとキーエンスに就職。

 

キーエンスは年収2000万円とか言われており、ビジネスマンの間では有名な東証1部上場企業です。

 

しかし同年9月には退職。

 

わずか6か月の出来事でした。

 

実際キーエンスでは全然仕事が出来ない落ちこぼれ社員だったようです。

 

その後は英語塾講師になっています。

 

この塾は宮崎文夫自身が経営してたのか、それとも別の誰かが経営していた塾に勤めていたのかは不明ですが、人に英語を教える仕事ですので、それなりに知的な人物であった事がわかります。

 

もしかしたら関学時代の学部も文学部で英語を勉強していたのかも知れません。

 

さらにその後は現在の不動産経営の仕事を始めるのですが、これは親の所有していたマンションを譲ってもらって始めた事業のようです。

 

ゼロから会社を起ち上げたわけではありません。

 

親が元々不動産経営という事で、学生時代の宮崎文夫が将来親の仕事を引き継ぐ事を考えていたのであれば、大学時代の学部は経営学部という可能性もありますね。

 

煽り運転、宮崎文夫の前科

 

宮崎文夫には前科もあります。

 

2018年3月21日、京都市でタクシー運転手を脅して監禁したとして逮捕されています。

 

午後5時40分ごろから6時ごろにかけ、京都市南区のコンビニエンスストア前の駐車場に停車したタクシー車内で、兵庫県川西市の男性運転手(46)を『降りたら死ぬぞ』などと脅迫し、運転手が降車できないよう不法に監禁したとのことです。

 

タクシー会社は『朝から客を乗せたままのタクシーと連絡が取れない』警察に通報し、大阪府警がタクシーの行方を探していました。

 

宮崎文夫は『監禁したつもりはない。逮捕には納得いかない』と容疑を否認しています。

 

この時は不起訴になったようです。

 

他にも宮崎文夫は危険な運転を繰り返していたようで、所有していたポルシェのカイエンというクルマがツイッターで話題になっていました。

 

 

ご丁寧にナンバープレートまで晒されています。

 

プライベートな情報ではありますが、危険性を考えるとこういった情報は共有されるべきですよね。

 

他にも多数余罪があるようで、沖田臥竜氏は前科4犯とツイートしています。

 

煽り運転の宮崎文夫、実は高学歴な経歴のエリート実業家だった!まとめ

 

学歴はかなり高学歴なのですが、実業家としての手腕は疑いの残るものですね。

 

しかし、所有していたポルシェのカイエンという車、これはターボモデルのかなり高額なものです。

 

年式によって値段も変わりますが、新車の車体価格だけでも1400万円~1900万円ですので、経済力はかなりあったと思われます。

 

事業はそれなりにうまくいっていたようですね。

 

他にも宮崎文夫に関してはこんな記事を書いていますのでお暇なら読んでみてください。

 

てことで今回はこの辺で。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

では。 (=´▽`=)ノ

 

 
スポンサーリンク
 
おすすめの記事