またもや衝撃的なニュースが飛び込んできました。

 

カルロス・ゴーン氏が年末に海外逃亡した事は大きな話題になりましたよね。

 

レバノンの自宅で過ごしていたようなのですが、なんとこの自宅、日産所有物件らしいのです。

 

カルロス・ゴーン、逃亡先のレバノンの自宅が日産所有物件だった。0

 

詳しく解説していきます。

 

 
スポンサーリンク
 

 

カルロス・ゴーンのプロフィール

 

まずはカルロス・ゴーンさんのプロフィールからどうぞ。

 

知ってる方は読み飛ばしちゃってOKです。

 

カルロス・ゴーン、逃亡先のレバノンの自宅が日産所有物件だった。1

名前:カルロス・ゴーン

民族:レバノン人

住居:レバノン

出身地:ブラジル

国籍:ブラジル、フランス、レバノン

生年月日:1954年3月9日

年齢:65歳(2020年1月現在)

身長:170cm

職業:実業家

最終学歴:パリ国立高等鉱業学校

 

詳しいプロフィールや経歴はこちらの記事で書いています。

 

他にもこんな記事も書いています。

 

最後にもう一度リンクを貼っておきます。

 

 
スポンサーリンク
 

 

カルロス・ゴーン、逃亡先のレバノンの自宅が日産所有物件だった。

 

ここからが本題になります。

 

いやいや、これマジかよと。

 

とにかく、この自宅は日産名義で買われているとFNN PRIMEが報じています。

 

カルロス・ゴーン夫妻が年末年始を過ごしたとされるレバノン首都ベイルートの自宅ですが、日産側が「所有権は日産側にある」として立ち退きを求める訴訟を起こしているとのことです。

 

日産側の弁護士は「わたしたちは確実に勝訴する。ゴーン被告にこの家を占拠する権利はない」とコメントしています。

 

この物件、正確には日産の関連会社の所有物らしいのですが、判決が下るのは2月の初旬とのこと。

 

これが問題になってた会社法違反(特別背任)ってやつですね。

 

要は、会社のお金で自分のもの買っちゃったとか、会社のお金を自分のものにしちゃった、的な容疑です。

 

カルロス・ゴーン、逃亡先のレバノンの自宅が日産所有物件だった。2

 

しかしこの家はゴーン氏の友人の家という話もあります

 

女性で有名なインテイリアデザイナーらしいのですが、真相がよくわかりません。

 

ほんとどうなってるんでしょうか。

 

とにかく、この家の名義が日産だとして、ネットではこんな声が溢れています。

 

もうダメダメじゃねーかw

 

まじかよw この犯罪者

 

なんで日産名義の家に逃げ込んでいるんだ
私物化してたって自分でいってるようなものやん

 

これも日産の金使い込んでた物証だわな

 

ゴーンケチすぎ、逃亡先が日産の所有物

 

わろた
未だにそんな家に住んでるのか

 

自分で罪と証拠積み上げていくスタイル

 

日産所有の家を自宅って言ってる時点で、私物化確定なんだよねw

 

全世界に物証晒したアホ

 

マジでゴーンおかしいわ

会社名義で家買って住み着くとかどうかしてる
恥を知らんのか、こいつは?

 

逃亡先が日産名義の社宅ワロタ

 

自らが犯した犯罪の物的証拠そのものに逃げ込んでたのかw

 

現在進行形で日産の資産を私物化してるという、現行犯にもほどがあるアレ

 

この人本当に有能だったの?

 

自分で記事にしておいて、こんな事言うのもどうかと思うんですが、さすがにフェイクニュースかな、と思います。

 

こんなの100人が知ったら100人全員が「ウソだろ?」と思うでしょう。

 

あまりのバカバカしさにネット民達もちょっと乗っかっちゃってるんですよね。

 

で、その冗談半分の悪ノリレスを見た人達がほんとに信じちゃうと。

 

人間(特に日本人)って自分では判別のつかない情報に直面した時、多数派の意見に混ざりたがる傾向にあります。

 

それがこのウソみたいな情報を信じる原因になっちゃってるだけだと思うんですが・・・。

 

カルロス・ゴーン、逃亡先のレバノンの自宅が日産所有物件だった。まとめ

 

以上、今回はレバノンにあるカルロス・ゴーン氏の自宅についてまとめてみました。

 

日産の所有物件と言われてはいますが、普通に考えてもそんなはずはありません。

 

気持ち悪いので、本当はどうなのかをゴーン氏でも、日産広報でいいので、自らの口で説明して欲しいですよね。

 

最後に、上で紹介していた関連記事をもう一度紹介させてください。

 

お暇でしたらまた読んでみてください。

 

てことで今回はこの辺で。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

では。 (=´▽`=)ノ

 

 
スポンサーリンク
 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事