※注意※

10万円の給付金に関しての詐欺が多発しています。

申請書類が家に届いても偽物の可能性がありますので、よくよく確認してください。

  • クレジットカード番号の記入欄
  • 銀行口座の暗証番号の記入欄

があれば間違いなく詐欺です。(給付に必要ない情報ですので)

そんな書類はすぐに破り捨ててくださいね。

 

さて、ここからが本記事です。

 

新型コロナウイルス蔓延に伴い、国民全員に10万円が支給されることが決定しました。

 

本当に全員がもらえるのでしょうか?

 

コロナの10万円給付金、条件や方法をわかりやすくシンプルに解説!

 

そこで今回は10万円をもらう条件や方法をなるべくシンプルにわかりやすく解説していきます。

 

ただし、10万円を受け取れない方もいますので、これをしっかり読んで勉強してくださいね。

 

他にも、申請時や受け取る時の感染のリスクについても考えていきます。

 

 

10万をもらおう!まずは全体のおおまかな流れを把握

 

まず何より知っておかなくてはいけないのは全体の流れです。

 

  1. まずは申請
  2. 振り込まれる

以上です。簡単ですね。

 

わざわざ市役所に行って手続きとかは必要ありません。

 

では細かいところを詳しく解説していきます。

 

10万円の給付金、どうやって申請すればいいの?

 

まず専門の申請用紙が自宅に届きます。

 

次に、記入した書類を郵送する、もしくはインターネットで申請する、の二択です。

※私はネットで申請するつもりです。

 

申請の方法には二種類ある事を覚えておきましょう。

 

10万円をもらう条件は?誰でももらえるの?

 

コロナの10万円給付金、条件や方法をわかりやすくシンプルに解説!1

 

誰でももらえるわけではありません。

 

まずは自己申告(申請)が絶対に必要です。

 

2枚の布マスクとは違って、勝手に誰かが10万円持ってきてくれるわけではありません。

 

自己申告は絶対条件で、もらえる人がこちらになります。

もらえる人
  • 2020年4月27日時点で住民基本台帳に記載されている人
  • 日本国内に住んでいる人
  • 在留資格(3か月超)を持ち住民票を届けている外国人

 

10万円は年齢や国籍、職業に関係なくもらえます。(公務員も政治家ももらえます。)

 

反対にもらえない人がこちら。

もらえない人
  • 2020年(令和2年)4月28日以降に生まれた人
  • 2020年(令和2年)4月27日までに亡くなってしまった人
  • 現住所が住民票と異なる人
  • 外国に住んでいる日本人
  • もらえる条件を満たしていない日本在住の外国人

 

これを読んでいる方の多くはもらえる条件に当てはまるはずです。

 

が、いちばん注意して欲しいのが、最近引っ越した方です。

 

春は卒業&入学の季節ですし、転勤のタイミングでもありますよね。

 

申請書類は住民基本台帳に載っているところへ届きますから、引越し直後で住民票を移していない方の元へは届きません。

 

まずは住民票を移すことが最優先ですが、、間に合わなさそうなら直接役所へ問い合わせてみてください。

 

実家に住民票を置いて遠く離れた池で一人暮らしをしている大学生なんかは、実家の親御さんに頼みましょう。

 

他にも、条件を満たしているのかいないのかわからない人は役所へ問い合わせてみてください。

 

 

10万円はいつもらえる?

 

10万円の給付は5月7日以降から順に始まるとのことです。

 

6月初旬くらいまで、と言われていますが、まだはっきりした事は明らかにされていません。

 

住んでいる地域によって誤差もあるかと思います。

 

私の家にはまだアベノマスクすらも届いておりません。

 

10万円はどこでもらえるの?受け取る方法は?

 

10万円は銀行振り込みという形で受け取ります。

 

申請者である世帯主(自己申告者)の口座にご家族の分がまとめて振り込まれる、ということです。

 

会社員の方は普段の給与の振込先に同じように振り込んでもらう、という形で問題ないでしょう。

 

 

10万円、簡単にもらえるの?

 

心配しなくても簡単にもらえますから大丈夫です。

 

私たちがやる作業は申請だけですから、書類の書き方がわからない場合は友人や同僚に聞きましょう。

 

それでもわからなければ、役所に電話で相談しましょう。

 

ただし、役所の電話も混雑でつながりにくくなると予想されますので注意が必要ですね。

 

実際に申請して10万円もらってみた

 

まだ申請書類すら来ていませんが、うちに届きましたら申請した手順や様子をここに載せたいと思います。

 

郵便物はこまめにチェックしておきましょう。

 

10万円の給付金についての他の豆知識

 

受け取りの辞退は出来るの?

 

出来ます。

 

と言うか申請しなければ受け取りもないです。

 

すでにお金に余裕のある有名人の中にはは給付を辞退すると表明している方もいます。

 

生活保護者ももらえるの?

 

もらえます。

 

申請はきちんと行いましょう。

 

住所の無い人(ホームレス)はもらえるの?

 

今のところもらえる事になっているそうです。

 

普通に考えれば、住所が無ければ申請書類の送付も出来ません。

 

しかし「河川敷やネットカフェに住んでいる方も受給である」と総務省が発表しています。

 

市区町村からホームレスさんへアプローチする方法がありませんから、ホームレスさんサイドから市区町村に問い合わせする必要があるでしょう。

 

訳あって世帯主と違う住所に住んでるんだけど?

 

DV被害や家庭の事情で、世帯主とは違うところに住んでいる方は、必ず役所に相談してください。

 

人によって事情が違うでしょうから、ここでは何とも言えません。

 

必ず相談しましょう。

 

10万円に税金はかかるの?

 

かかりません。

 

収入として報告しなくてもOKです。

 

コロナの10万円給付金、条件や方法をわかりやすくシンプルに解説!まとめ

 

以上、今回はコロナ対応の10万円給付金についてまとめてみました。

 

気を付ける事は三つです。

  • 郵便物は必ずチェックする
  • 申請は絶対にする(世帯主のみ)
  • わからなければ役所に聞く

 

基本的にはこの三つさえ守ればもらえます。

 

あと住民票と現住所が異なる方は本当に注意してくださいね。

 

役所に問い合わせるのがいちばん確実かと思われます。

 

ということで今回はこの辺で。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

では。 (=´▽`=)ノ

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事