HP Pavilion Aero 13-beのコスパがいまだにぶっ壊れててドン引きしてます。

HP Pavilion Aero 13-beのコスパがいまだにぶっ壊れててドン引きしてます。
管理人nk
管理人nk

こんにちは。当サイト管理人のnk(えぬけー)です。

今回はHPのノートパソコン、Pavilion Aero 13-beを厳しく評価していきます。

いきなり結論から言うと、完成度が高いのにとんでもなく安い、というとんでもない製品です。

発売は2021年11月と、いまさら記事にするには少し古めです。

ですが、何よりすごいのが、発売の当初から話題になったコスパがいまだにキープされていることです。

つまり2023年1月現在も自信を持ってオススメできる、ということなのです。

当サイトでは

  1. パソコン購入時は用途とサイズを必ず最初に決める
  2. 基本スペックを絞り込む
  3. 裏スペックを絞り込む

という3ステップのルールに従って、ノートPCの評価をしています。

初めて訪れていただいた方は最初にこちらのページをご覧ください。

今回のHP Pavilion Aero 13-beはC3タイプということになりますが、世に出回っているC3タイプPCの中では非常に高い裏スペックを持っています。

ではくわしく見ていきましょう。

まずは基本スペックからです。

HP Pavilion Aero 13-beの基本スペックと基本情報

基本スペック

メーカーHP
モデル名Pavilion Aero 13-be
タイプC3:13インチビジネス
画面サイズ13.3インチ
OS・Windows11Home
・Windows11Pro
CPU※1・AMD Ryzen 5 5625U (14577) 6-12 15W
・AMD Ryzen 7 5825U (18161) 8-16 15W
GPUAMD Radeon
メモリ※2・8GB(✖️)(4)
・16GB(✖️)(4)
ストレージ・256GB
・512GB
サイズ(横×奥行き×高さ)298mm×209mm×18.9mm
重量0.957kg
ディスプレイ解像度1920×1200
カラーバリエーション・セラミックホワイト
・ピンクベージュ
インターフェース※3電源ポート
音入出力3.5mmポート
HDMIポート2.0
USB-A[5Gbps]×2
USB-C(PD/DP)[10Gbps]×1
SIMスロットなし
光学ドライブなし
テンキーなし
価格※4109,000〜144,000円
HP Pavilion Aero 13-beの基本スペックと基本情報
※1 CPUスペックの表記について
■()内の数値はPassmarkのスコアです
■6-12とは6コア12スレッドという意味です
■15Wとは消費電力です
※2 メモリの表記について
■(✖️)は換装、増設が不可能であることを指します
■(4)はメモリの世代(DDR)です
※3 インターフェースの表記について
■PDとはPowerDelivery(ぱわーでりばりー)の略で、このUSBポートを使ってコンセントから電源を取ったり(専用の電源ポートを使わず)、このポートからスマホやタブレットを充電するなど、データだけでなく電力のやり取りまで出来る機能です。
■DPとはDisplayPort(でぃすぷれいぽーと)の略で、2画面運用する時などに別ディスプレイへ接続し、映像を送ることができる機能です。HDMIより高解像度の映像を送れます。
※4 価格の表記について
■CPU、メモリ、ストレージ、OSなど選択によって価格が変わります
■価格は記事執筆時のものとなります

続きまして当サイトが独自に定め、基準にしている裏スペックです。

HP Pavilion Aero 13-beの裏スペック

裏スペックとは、当サイトがノートパソコンを仕事用と評価する場合に定めた、10項目の評価基準です。

こちらでくわしく解説しています。

評価項目内容評価
ボディ素材全面アルミニウム合金
重量0.957kg
画面の縦横比16:10
画面の最大明るさ400nit
sRGBカバー率100%
画面上部ベゼルの太さ画面縦幅に対し5%未満
反射加工アンチグレア
生体認証指紋○、顔✖️
US配列キーボード選択不可能✖️
インカメラ画素数92万画素✖️
評価点数10点満点中8
HP Pavilion Aero 13-beの裏スペック

■総合評価点数8点は非常に高得点。

8点という裏スペックスコアは当サイトでは自信を持っておすすめできるスコア。

ちなみにC3タイプでは…(2023年1月現在)
10点満点を獲得しているモデルは存在せず
9点を獲得しているモデルは1〜2機種のみ。神。
8点を獲得しているモデルは4〜5機種で極レア。
7点以下は数十モデルあり、スコア的にオススメしにくい。

という感じですので、HP Pavilion Aero 13-beはかなり上位評価です。

■US配列を選べないのは残念ポイント。

HP公式サイトではJIS配列しか選べません。

英語サイトからはUS配列を買うことができますが、そうすると今度はOSまでもが英語になってしまうので、それもオススメしにくいです。

■インカメラが92万画素なのも残念ポイントです。

HP Pavilion Aero 13-beの上部ベゼル幅は狭く、ここに高解像度カメラを仕込むのが技術的にむずかしいと思われます。

スタイリッシュな見た目を優先するか、カメラ性能を優先するかですが、ウェブカメラの使用頻度が低い方は別売りのウェブカメラで対応するのもアリだと思います。

14インチ版のPavilion Plus 14-ehでは、狭いベゼルに500万画素のカメラが入っているので、次モデルのPavilion Aero 13では高画質カメラが付くかも知れません。

HP Pavilion Aero 13-beの購入時のおすすめの構成と価格

さて、HP Pavilion Aero 13-beを実際に購入するとなると、基本スペックをどのような構成にするのが良いのでしょうか?

また、その時の価格はいくらになるのでしょうか?

当サイトが推奨する基本スペックで構成すると以下の通りです。

CPUAMD Ryzen 5 5625U (14577) 6-12 15W
メモリ16GB(✖️)(4)
ストレージ512GB
OSWindows11Home 日本語
管理人おすすめの構成

上記の構成ですと価格は109,801円となります。

裏スペックスコアが8点ですので、1点あたり13,726円というのがコスパの目安になります。

その他 HP Pavilion Aero 13-beで気になるところ

HP Pavilion Aero 13-beを購入するにあたり、気になる点や注意点をまとめました。

読者さま
読者さま

高評価に対し安価でかなりコスパは良いですが、基本スペックや裏スペック以外で何かデメリットはありますか?

管理人nk
管理人nk

HPのノートPCではあるあるなのですが、キーボード右側(エンターキーのさらに右側)に一列キーが付いています。

これが苦手な方も多いので注意してください。

読者さま
読者さま

HPは納期が長いって本当ですか?

管理人nk
管理人nk

全モデルの納期が長いわけではありませんし、時期によっても違います。
が、実際「買ったけど届くのが遅い」という話は、HPでは頻繁に耳にします。

他メーカーでも当然の話ではありますが、HPの場合は特に納期の確認をしっかりと行いましょう。

読者さま
読者さま

よりハイグレードのENVY x360 13-bfやSpectre x360 14-efは9点とか10点だったりしますか?

管理人nk
管理人nk

HPのノートPCのグレード的には
Chromebook<HP<Pavilion<ENVY<Spectre
なのですが、ENVYやSpactreのスコアはPavilion Aero 13-beより低いです。

かんたんですが下記にまとめました。

Chromebook
※5
HP
※6
Pavilion
Aero 13-be
ENVY
x360 13-bf
Spectre
x360 14-ef
裏スペックスコア867
当サイトが推奨する
基本スペックを満たす
モデルの価格
109,801円149,800円184,800円
コスパ
(スコア1点あたりの価格)
13,726円24,967円26,400円
オススメ度
HPのC3タイプノートPC比較
※5 Chromebookについて
HPのC3タイプChromebookは、もっともハイグレードなモデルでもCPUがIntel Core i7-10510Uどまりとなります。
このCPUのPassMarkスコアは6735点であり、当サイトが推奨する基本スペックを満たせていないため除外しています。
※6 HPについて
HPはそもそも13インチモデルが製品ラインナップに存在していません。
14インチ、15インチ、17インチはありますので、比較するならC1タイプやC2タイプでのお話になります。

公式サイトではENVY x360 13-ayは完売しておりますので、ENVY x360 13-bfと比較しています。

また、HP Spectre x360 14-eaはCPUがインテル11世代ですので、12世代インテルを搭載しているSpectrex360 14-efと比較しています。

表を見てわかる通り、本来ENVYやSpectreより格下なはずのPavilion Aero 13-beですが、裏スペックスコアは上位機種を凌駕しています。

にもかかわらず価格は抑えられているので、コスパが異常なほど良い、という不思議な現象が起きています。

安価でC3タイプのPCを求めている方にはもっともオススメできるノートPCです。

まとめ HP Pavilion Aero 13-beのコスパがいまだにぶっ壊れててドン引きしてます。

以上、今回はHP Pavilion Aero 13-beを評価してみました。

裏スペックスコアは8点で、当サイトの基準から言えば非常に高得点です。

私は100機種以上のノートPCの細かなスペックをエクセルで一覧表にまとめているのですが、C3タイプではHP Pavilion Aero 13-beに対抗できるモデルはほとんど存在していません。

その中でもHP Pavilion Aero 13-beはコストパフォーマンスが異常なほど優れているモデルです。

低価格でC3タイプのパソコンを購入検討されている方には、最も強くおすすめ出来るモデルです。

学生さんなんかには特にオススメですね。

ぜひ参考にしてください。

HP Pavilion Aero 13-beのコスパがいまだにぶっ壊れててドン引きしてます。1