台風19号の影響で長野県の千曲川が大変な事になっています。

 

河川の水が増水した事により、堤防が70mに渡って損壊し、大量の水が町へあふれ出て、広範囲で冠水被害が出ています。

 

千曲川の氾濫、決壊場所の地図は?台風19号で堤防が70mに渡り損壊!e

 

この千曲川が氾濫、決壊した場所について具体的な住所を知りたい方が多数おられるようですので、今回地図とともにまとめてみました。

 

被災された方には心よりお見舞い申し上げます。

 

 
スポンサーリンク
 

 

千曲川(ちくまがわ)とは?

 

千曲川とは信濃川のことです。

 

と言っても千曲川=信濃川なのではなく、途中で名前が変わるタイプの川だという意味です。

 

信濃川は日本一長い川として有名です。

 

全長は367kmもあります。

 

源流は甲武信ヶ岳(埼玉、山梨、長野の県境にある標高2475mの山)で、新潟県の佐渡島の方へ向かって流れている川です。

 

千曲川の氾濫、決壊場所の地図は?台風19号で堤防が70mに渡り損壊!2

 

台風19号の被害を報道するニュースでは濁ってしまった泥水でしたが、普段はこんなにも美しい川です。

 

千曲川の氾濫、決壊場所の地図は?台風19号で堤防が70mに渡り損壊!1

 

少し話が前後してしまってすみません。

 

信濃川は長野県からスタートし、新潟県の海へ流れ出ていくのですが、長野県では千曲川という名前で、新潟県では信濃川という名前なのです。

 

テレビでは千曲川、千曲川って言ってますけど、基本的に日本一長い川である信濃川の上流(だいたい上半分くらい)をイメージしいていただければわかりやすいかと思います。

 

 
スポンサーリンク
 

 

千曲川の氾濫、決壊場所の地図は?台風19号で堤防が70mに渡り損壊!

 

ここからが本題になります。

 

増水した水量により堤防が70mに渡って決壊してしまったとニュースでやっていますよね。

 

あれ、具体的にどこの場所なんでしょうか?

 

調べてみると、とんでもないことがわかりました。

 

なんと千曲川は全6カ所も氾濫していて、堤防が70mに渡って決壊した場所はその内の一つに過ぎなかったのです。

 

70mに渡って決壊した場所は、長野市の篠ノ井(しののい)横田・篠ノ井小森・穂保となります。

 

ちょうど長沼体育館のあたりです。

 

 

地図では長沼体育館で検索したポイントにピンがありますが、ここらへんの堤防が決壊しています。

 

※国土地理院が作成した地図を元に地点を割り出しています。

 

千曲川の氾濫、決壊場所の地図は?台風19号で堤防が70mに渡り損壊!3

 

この黄色い円の建物が長沼体育館だと思われます。

 

航空写真や屋根の色などから判断して間違いないでしょう。

 

長沼体育館の正確な住所としましては、『〒381-0003 長野県長野市大字穂保943イ-1 』となります。

 

千曲川の氾濫、決壊場所の地図は?台風19号で堤防が70mに渡り損壊!まとめ

 

以上、今回はテレビのニュースで大きな話題になっている千曲川の氾濫、決壊場所を紹介してみました。

 

上では全6カ所あるうちの最も大きな一カ所という事で紹介していますが、他にも・・・

  • 上田市国分
  • 千曲市雨宮
  • 須坂市北相之島と
  • 小布施町の飯田・山王島
  • 中野市の立ヶ花・栗林

 

の5カ所で氾濫しているようです。

 

堤防の決壊までしているのかどうかはわかりませんが、もし行かれる方は十分に注意して行ってください。

 

最後に、以前にこんな記事も書いていますので参考になれば幸いです。

 

という事で今回はこの辺で。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

では。

 

 
スポンサーリンク
 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事