この度は台風19号(2019年)で被災された方に心よりお詫び申し上げます。

 

今回は台風19号による被害の話です。

 

台風19号で不買された韓国のラーメンが激ウマ!知らない人は損してるe

 

台風19号は東日本を中心に大きな被害を出しました。

 

その中の一つに、神奈川県の北東部である川崎市での浸水被害があります。

 

台風19号による川崎・武蔵小杉の浸水、原因は内水氾濫という人災?1

 

しかしこれ、人災の可能性が出て来たのです。

 

今まで台風による被害だと思われていたのですが、まさか原因が人間にあるとは・・・。

 

いったいどういう事なのか。

 

わかりやすく解説していきたいと思います。

 

 
スポンサーリンク
 

 

台風19号による川崎・武蔵小杉の浸水、原因は内水氾濫

 

浸水被害や冠水被害の原因ってなんだと思います?

 

パッと思い浮かぶのは、雨の量が多過ぎて、町の排水機能が追いつかなかった、川の水が溢れた、川の堤防が決壊した、あとは津波などですよね。

 

しかし川崎市の武蔵小杉周辺の浸水被害の原因は『内水氾濫(ないすいはんらん)』という事が明らかになったのです。

 

じゃ内水氾濫ってなに?って話になりますよね。

 

 
スポンサーリンク
 

 

浸水の原因『内水氾濫(ないすいはんらん)』とは?

 

内水氾濫とは、簡単に言うと川の水が排水管を逆流してマンホールなどから噴き出す現象です。

 

普通はそんな事あり得ないのですが、川の水位が上がり過ぎると起こります。

 

通常、排水は排水管を通り、出口から川に落ていくのですが、川の水位が上がり過ぎて排水管の出口より高くなってしまうと排水されなくなります。

 

それどころか逆流すらもあり得るわけです。

 

まぁ、実際に起こっちゃったわけなのですが・・・。

 

理屈的にはここまでわかりますよね?

 

問題はここからなんです。

 

川崎・武蔵小杉の浸水、原因は人災?

 

川の水位が上がると、水が排水管を逆流して上がってくる。

上がってきた水はマンホールのフタとか押し上げちゃって、道路に飛び出してくる。

 

ここまでは理解出来ますし、実は川崎市はこれも想定済みだったのです。

 

想定済みという事で、当然対策もしていました。

 

排水管に逆流防止用のゲートを作っていたのです。

 

さすが!と言いたいところですが、勘の良い方はもうお気づきですよね?

 

もう人災って書いちゃってますからね。

 

実は川崎市、このゲートを閉じなかったのです。

 

閉じていれば逆流は防げたかも知れないのにです。

 

このゲートを閉じるのは人です。(コンピュータで自動で機能するよう制御していれば良かったのですが・・・)

 

そして当然ですが、このゲートを閉じるように現場に指示するのも人です。

 

水道局というのは基本的に各市町村の管轄です。

 

川崎市の場合は『川崎市上下水道局』です。

 

つまり、地方公務員です。

 

となると、今回の川崎市、武蔵小杉の浸水被害は、川崎市職員の判断ミスによって引き起こされた可能性が考えられるのです。

 

詳しい調査はこれから行われるようです。

 

一体どんな終着点に落ち着くのでしょうか。

 

台風19号による川崎・武蔵小杉の浸水、原因は内水氾濫という人災?まとめ

 

以上、今回は川崎市武蔵小杉の浸水被害の原因についてまとめてみました。

 

ちょっと専門的な話になってしまって、わかりにくい部分もあったと思います。

 

まとめると・・・

川が増水した!

排水菅を逆流してきそうなのに、川崎市の職員が適切に対応しなかった。

街が浸水しマンションで60代男性死亡などの甚大な被害が発生!

 

ということです。

 

現時点でそこまで詳しい調査がされておりません。

 

これからより詳細な原因が明かされていくと思います。

 

もし本当に川崎市職員の判断ミスで死者が出ているとしたら、これは大きな問題になりそうな気がします。

 

死者が出ていなくてももうじゅうぶん大きな問題なのですが・・・。

 

※私は関西在住なのですが、2014年の集中豪雨による冠水で被災しております。いちおう今回浸水被害に合われた方々のお気持ちはわかるつもりです。

 

復旧作業は気が遠くなるほど大変ですが、なんとか頑張ってください。

 

不謹慎ですが、私の場合は『人間は自然には絶対に勝てない!自然災害はしょうがない!』と開き直り、レアな体験だと割り切って復旧作業の一つ一つを楽しむようにこなしました。

 

泥のかき出しなんか本当に腰が痛くなるほどやったので、一度に大量の泥を処理するのではなく少しずつ少しずつ、鼻歌でも歌いながらリズムに合わせてやるようにしました。

 

それと休憩は大事です。

 

精神が参っている時に、無理して肉体まで壊してしまうとそのダメージははかり知れません。

 

なるべくこまめに休憩しながら楽しんで(重ね重ね不謹慎で申し訳ない、ただ私はそうしました)作業にあたってもらいたいと思います。

 

ということで今回はこの辺で。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

では。

 

 
スポンサーリンク
 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事