こんちわ、おーしゃんです。

 

 

おべにようこそおいでくださいました。

 

 

今回は静電気について書きたいと思います。

 

 

結論から言うと乾燥の度合いによるためです。

 

 

冬場は湿度が低く、衣服も夏よりは乾燥した状態になっています。

 

 

静電気の性質のひとつに、電気を通さない物体にほどたまりやすい、というのがあります。

 

 

冬場の乾燥した衣服は水分を失って電気を通しにくい状態になっています。

 

 

水は電気を通しますからね。

 

 

つまり夏より冬の乾燥した衣服の方が静電気がたまっているわけです。

 

 

人間の肌だって冬場は乾燥して、乾燥肌をひき起こしたりしますもんね。

 

 

そして空気中の水蒸気も冬は少いので、衣服に溜まった静電気が水蒸気を伝って外部に出る事も少いわけです。

 

 

夏はその逆で、乾燥した衣服に溜まった静電気も空気中の水蒸気を伝って発散されていくわけです。

 

 

静電気のパチッという痛いのを回避したければ、ドアノブなどの金属を触る前に、壁や地面などを触りましょう。

 

 

木、土、石、アスファルトなどを触って事前に静電気を逃がしておくのがポイントです。

 

 

ただし、金属やプラスチック、友達や家族、ペットなどの生き物はNGです。

 

 

これで明日から静電の痛さから解放されますね。

 

 

では。

 

 

 
スポンサーリンク
 

 

おすすめの記事