こんちわ、おーしゃんです。

 

おべにようこそおいでくださいました。

 

アリの巣穴に溶かしたアルミを流し込み、冷やし固めた後採掘するって動画がけっこう好きでちょくちょく見ます。

 

そこでふと思ったんですが、これ、普通の雨降った場合どうなってんだろうと・・・。

 

調べてみると、まずアリの巣の入り口周りには巣を掘った時の土が盛ってあるんですね。

 

実際身の回りのアリの巣では確認できない現象なんで、住宅街とかじゃなくて山の中とか自然の中に限っての話なのかも知れませんが。

 

まあとにかく土が盛り上がってるわけです。

 

これがなかなか効果があるらしく少々の雨では巣穴の中へ雨が入り込む事はほとんど無いらしいです。

 

それでも大雨が降った時はやっぱり穴の中に水が入っちゃうんですけど。

 

アリは雨が降りそうな時は事前に湿度の変化を感じ取り、雨対策をします。

 

具体的には大勢のアリが協力し、土と唾液を混ぜた粘土のような物で巣の入り口にフタをするらしいです。

 

子供達がイタズラで巣穴に水を入れたりするときもあるんですが、このような場合も上記の方法で対策するらしいです。

 

じゃ本気出した大人が効率的に巣内へ水を流すとどうなるのか。

 

この場合はどんだけ効率的にやっても、水は巣内の土壁に染み込んで吸収されてしまうみたいです。

 

元々巣穴の入り口も小さいもんですから、入っていく水の流量もたいして多く出来ないでしょう。

 

動画でやってるアルミは土に染み込まないからこんな風になるんですねー。

 

では。

 

 
 

スポンサーリンク
 
おすすめの記事