どうもこんにちわ。

 

【おべ】にようこそおいでくださいました。

 

たくさんのサイトの中からここを訪問してくださってありがとうございます。

 

ゆっくりしていってください (=´▽`=)

 

稀勢の里、引退会見の内容まとめ!理由やケガ、横綱としての考えは?e

 

今回は稀勢の里の引退会見の内容についてまとめたいと思います。

 

 
スポンサーリンク
 

 

稀勢の里引退!プロフィール

 

稀勢の里、引退会見の内容まとめ!理由やケガ、横綱としての考えは?2写真

四股名:稀勢の里 寛(きせのさと ゆたか)

本名:萩原 寛(はぎわら ゆたか)

生年月日:1986年7月3日

年齢:32歳(2019年1月現在)

身長:188cm

体重:178kg

血液型:B型

出身地:茨城県 牛久市(出生は兵庫県 芦屋市)

趣味:スポーツ観戦

職業:力士

所属部屋:鳴戸部屋→田子ノ浦部屋

得意技:左四つ、寄り、突き、押し、左おっつけ

 

ここからは引退会見での記者とのやり取りを書いていきます。

 

 
スポンサーリンク
 

 

稀勢の里、引退会見の内容まとめ!理由やケガ、横綱としての考えは?

 

稀勢の里、引退会見の内容まとめ!理由やケガ、横綱としての考えは?2

 

今後について

 

私稀勢の里は今場所をもちまして引退をし、年寄荒磯(としよりあらいそ)として後進の指導に当たりたいと思います。

 

現役中は大変お世話になりました。

 

ありがとうございました。

 

今の心境は?

 

横綱として、皆様の期待に添えれられないという事は非常に悔いが残りますが、私の土俵人生について一片の悔いもございません。

 

現役に別れを告げる決意をして、今頭に浮かぶことはどんなこと?

 

たくさんの人に支えられてきて、一人一人の顔を思い出しますし、感謝の気持ちしかないです。

 

昨日の相撲の後(三連敗の後)、引退の決意まで、どういう形で気持ちが動いたか?

 

やりきったという気持ちがいちばん最初に出ました。

 

質問、約17年間の相撲人生、どんなものでしたか?

 

ほんとに色々な人に支えられて、一人ではここまで来れなかったと思いますし、感謝の気持ちでいっぱいです。

 

いちばん心に残っていることは?

 

あり過ぎてなかなか思い出せませんが、稽古場が僕を強くしてくれたので、思い出というのは稽古場だと思っています。

 

前場所から今場所について、横綱審議員の激励の決議を受けましたが、どんな思いで初日に臨んだか?

 

覚悟を持って場所前から過ごして、稽古をしてきました。

 

自分の中でこれでダメなら・・・という気持ちがあるくらいいい稽古をしました。

 

その結果、初日から三連敗になってしまいましたが、自分の中で一片の悔いもありません。

 

場所前の体の状態、ケガの状況はどうだったか?

 

ケガをして以来、自分の中ではいちばん良い動きが出来ていたので、自信をもって臨みました。

 

2年前の新横綱の時に痛めた左の大胸筋のケガについて、当時どう感じてどう考えたか?

 

一生懸命やってきました。

 

(涙を拭う)

 

大ケガだっと思いますが、2年経って回復具合はどうだったか?

 

徐々に良くなってきましたが、自分の相撲が取れなくなっていて、以前の自分の相撲に戻る事は出来なかったです。

 

ケガを抱えながらどういう思いで横綱を続けてきたか?

 

このまま潔く引退するか、こうして横綱に上げてくださったファンの方たちのために相撲を取るのか、いつも稽古場で自問自答していましたが、ファンのため、応援してくれる方のために相撲は続けようと判断してやってきましたが、このような結果になってしまって、ファンの方たちには本当に申し訳ないという気持ちです。

 

稀勢の里、引退会見の内容まとめ!理由やケガ、横綱としての考えは?あとがき

 

いかがでしたでしょうか。

 

 

ケガと戦ってきた結果このような結果になってしまって残念ですね。

 

 

相撲の勝負は本当に一瞬です。

 

 

稀勢の里の土俵人生こそ、まるでひとつの取り組みのように短いものになってしまいましたが、短いからこその感動もあるんじゃないか、と僕は思います。

 

 

稀勢の里さん、本当におつかれさまでした。

 

 

たくさんの勇気と感動をありがとうございました。

 

 

ゆっくり休んでください。

 

 

てことで今回はこの辺で。

 

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

 

では。 (=´▽`=)ノ

 

 
スポンサーリンク
 
おすすめの記事