これからのフィギュアスケート界を引っ張っていくであろう本田兄弟、中でも末っ子の『本田紗来(ほんださら)』さんがすごいと話題になっています。

 

本田紗来の学校はどこ?兄弟たちが認める才能が天才的だと話題に!e

 

名前もちょっと難しくて『紗来』と書いて『さら』と読みます。

 

今回の記事では本田紗来さんの通ってる学校や兄弟たちからの評価についてまとめてみました。

 

 
スポンサーリンク
 

 

本田紗来(ほんださら)のプロフィール

 

まずはプロフィール紹介から。

名前:本田紗来(ほんださら)

生年月日:2007年4月4日

年齢:12歳(2019年5月現在)

身長:ぐんぐん成長中!

出身地:京都府 京都市 伏見区

職業:小学生、タレント、フィギュアスケート選手

学歴:まだ小学校通ってる!詳細は後述。

 

まだ小学生だったんですね。

 

実は私も知りませんでした。

 

中学生くらいにはなってるんだろうなと・・・。

 

だってフィギュアスケートってダイナミックさもけっこう大事でしょ?

 

となるとある程度大きな体は必要なわけじゃないですか。

 

なら中学生くらいにはなってるんだろうなーと勝手に思っちゃってました。

 

すみません。

 

フィギュアスケート選手の部分ばかりがフォーカスされていますが、実は『オスカープロモーション』という芸能事務所に所属されていまして、子役タレントでもあるんですね。

 

出演作品にはCMが多く、ハウス食品の『フルーチェ』や、JR西日本、ブルボン、エディオン、読売新聞など大きな会社のCMに出演される事が多いです。

 

お姉さんである真凛(まりん)さん、望結(みゆ)さんと共演する事もあり、特に望結さんとの共演は多いです。

 

 
スポンサーリンク
 

 

本田紗来の通う小学校はどこ?

 

本田紗来さんの小学校について調べている方が多いようですので私も調べてみました。

 

が、公開されておらず!

 

しかし、関西大学初等部である、という説が濃厚です。

 

関西大学(以下、関大と略)は大阪府の高槻市にあります。

 

高槻市というのは京都府に隣接した大阪府の都市でして、イメージ的には大阪と京都の中都市で、大阪の良い所と京都の良い所を併せ持った住みやすい街って感じです。

 

距離で言うと、本田紗来さんの自宅のある伏見区の中心から大阪の関大初等部まで約20kmです。

 

電車、バス、徒歩で1時間もかからない距離ですし、じゅうぶん通う事は出来ますね。

 

実は本田家の兄弟は全員関大系の学校に通っています。

 

フィギュアスケートで有名な兄弟4人全員です。

 

という前例があったので、両親も関大に通わせやすかったのかも知れませんね。

 

けど、関西大学って私立なんですよ。

 

学費が高いじゃないですか。

 

(それ以前にフィギュアスケートって元々ものすごくお金のかかるスポーツなんですけど。)

 

けど、本田兄弟ってもともとスケートの実力があったので、なにか特待生的な待遇があったのかも知れませんね。

 

しかも、どうやら本田家自体もけっこうお金持ちらしいんです。

 

詳しくは、本田兄弟の祖父である『本田一三』さんという方が『丸一商事株式会社』という梱包関連の会社の会長さんなんじゃないか、という噂が濃厚なんです。

 

会社の規模はグループ会社入れて20億円とも言われています。

 

この話が本当だとすると、お金はあるわけですね。

 

というか、兄弟4人にフィギュアスケートをやらせる時点で、父親が普通のサラリーマンなんてありえません。

 

やはりこういう事情があったんですね。

 

お金の話はこれくらいにしておきまして、関大ってフィギュアスケートにものすごく力入れてる学校なんです。

 

古くは1964年の佐藤信夫選手を筆頭に、数々のオリンピック選手を排出しているすごい学校なんですよ。

 

関大出身のフィギュアスケート選手としては、近年では高橋大輔選手や織田信成選手の活躍が記憶に新しいところでしょうか。

 

以上のような事から考えますと、やはり関西大学の初等部で間違いないのでは、と思います。

 

が、本田紗来さんのプライベートな部分の話ですし、公表されていない事ですので、そっとしといてあげましょう。

 

本田紗来の兄弟たちが認める天才っぷり。

 

もうご存知でしょうが、本田紗来のお兄さんお姉さんはフィギュアスケート選手です。

 

数々の大会で優勝も経験されていて、3人ともかなりの実力者です。

 

そんな中で姉の真凛さんと望結さんが口を揃えて言うのが『いちばん才能があるのは末っ子の紗来』という話です。

 

なんだかボクシングの亀田兄弟を思い出してしまうのですが・・・。

 

実際の本田紗来さんの大会実績がこちらになります。

 

【2015年度】(小学校2年生の時)
3月 京都市民総合体育大会スケート競技会・京都府スケート選手権大会B級幼年女子 優勝

 

【2016年度】(小学校3年生の時)
10月 近畿フィギュアスケート選手権大会2016 ノービスB 優勝
全日本ノービス選手権2016 ノービスB女子 4位
12月 京都府民総合体育大会スケート競技会 B級幼年女子3級 優勝
3月 京都市民総合体育大会スケート競技会・京都府スケート選手権大会B級幼年女子 優勝

 

【2017年度】(小学校4年生の時)
8月 西日本中小学生フィギュアスケート選手権2017 ノービスB 優勝
10月 近畿フィギュアスケート選手権大会2017 ノービスB 優勝(2連覇)
全日本ノービス選手権2017 ノービスB女子 優勝

 

【2018年度】(小学校5年生の時)
8月 アジアンオープントロフィー2018 ノービスA 2位
10月 近畿フィギュアスケート選手権大会2018 ノービスA 優勝
全日本ノービス選手権2018 ノービスA女子 2位
2月 チャレンジカップ(オランダ) ノービスA 優勝

 

最後のチャレンジカップ(オランダ)に関しては、国際大会にも関わらず、2位に20点差をつけてのぶっちぎり優勝だったとのこと。

 

こんなの目の前で見せつけられたら、もう姉たちは素直に妹の実力を認めるしかないですよね・・・。

 

けどちゃんと妹の実力を認める姉たちもすごいと思うんです、私は。

 

私の幼少時代は弟の活躍なんて悔しくて絶対認められなかったですから。

(今思うと情けない兄です)

 

妹の活躍を素直に認められる素直さも強さの一部だと思います。

 

この兄弟はこれからもどんどん活躍してくれるでしょう。

 

てことで今回はこの辺で。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

では。 (=´▽`=)ノ

 

 
スポンサーリンク
 
おすすめの記事