今回はサッカー選手エミリアーノ・サラ選手の死亡事故の謎に迫ります。

 

2019年1月、エミリアーノ・サラ選手は28歳の若さながら飛行機事故で亡くなっています。

 

エミリアーノ・サラ選手の飛行機事故のパイロットと搭乗者は誰?e

 

飛行機事故と聞くと『大勢死んだんじゃないか?』と思いがちですが、エミリアーノ・サラ選手が乗っていた飛行機は超小型です。

 

しかもボロボロの。

 

つまり、事故と見せた殺人なんじゃないかという話です。

 

壊れそうな飛行機に無理矢理乗せて、事故に見せかけた殺人という説が浮上してきています。

 

果たしてこの飛行機のパイロットは誰だったのか?

 

他の搭乗者には誰がいたのか?

 

調べてみました。

 

 
スポンサーリンク
 

 

エミリアーノ・サラ選手のプロフィール

 

まずはエミリアーノ・サラ選手のプロフィールからどうぞ。

 

知ってる方は読み飛ばしちゃってOKです。

 

名前:エミリアーノ・サラ

生年月日:1990年10月31日

年齢:28歳没(2019年1月当時)

身長:187cm

出身地:アルゼンチン サンタフェ州 クルル

職業:サッカー選手

ポジション:フォワード

 

日本人にはサッカーファンにしか馴染みがないかも知れませんが、かなりすごい方です。

 

  • 2012年、フランスでプロデビュー。
  • 2015年7月、移籍金100万ユーロでフランス1部リーグ『リーグ・アン』のFCナントに移籍。
  • 2018年、FCナントでは2006年以来のハットトリックを達成。

 

フランス1部リーグでハットトリックを決める事から、サッカーに疎い方でもエミリアーノ・サラ選手のすごさはなんとなくわかると思います。

 

2019年1月19日、ナントからカーディフ(イングランドのプロサッカークラブ)へ移籍することが決定。

 

移籍金は1700万ユーロ(約21億4000万円)で、これはカーディフにとってクラブ史上最高額でした。

 

しかし、2日後の2019年1月21日、エミリアーノ・サラ選手を乗せて英国へ向かう小型飛行機が消息を絶ちます。

 

その後、機体が英仏海峡の海底から引き上げられ、機体の中にあった遺体がエミリアーノ・サラ選手であることが確認されました。

 

 
スポンサーリンク
 

 

エミリアーノ・サラ選手の飛行機事故の概要

 

上でも少し書いちゃいましたが、まとめると・・・

 

  • フランスのチームからイングランドのチームへ移籍する事が決まった。
  • 移籍金は超高額
  • 移動の飛行機はなぜか旧型で小型で超ボロ
  • 飛行機が墜落し死亡
  • 死亡には不審な点が多い
  • イギリス側『移籍金21億は払わねーぜ』

 

※正確にはイングランドはイギリスの一部であり、イングランド=イギリスではありません。

しかしややこしいので、この記事ではイングランド=イギリスとして読み進めていただいても問題ないようにまとめています。

 

どうです?

 

事件の匂いしかしないでしょう。

 

エミリアーノ・サラ選手の飛行機事故のパイロットと搭乗者は誰?

 

ここからが本題になります。

 

結論から言いますと、このパイロットはデイヴィッド・アイボットソンという名の男性です。

 

59歳のイギリス人で、メインの仕事はボイラー修理会社の経営でした。

 

デイヴィッド・アイボットソンさんは私的飛行の免許は持っていましたが、商業飛行の免許は失敗して取れなかったのです。

 

つまりアマチュアパイロットですね。

 

しかし商業免許を持っていないアマチュアパイロットが飛行送迎する事は現地では割と一般的なのです。

 

このボロ飛行機のオーナー兼パイロットのデイヴィッド・アイボットソンさんの行方も現在わかっていません。

 

エミリアーノ・サラ選手と違って遺体が発見されていないのです。

 

おそらく亡くなっているのは間違いないと思われます。

 

他の搭乗者もおらず、飛行機内はデイヴィッド・アイボットソンさんとエミリアーノ・サラ選手の二人きりだったのです。

 

エミリアーノ・サラ選手の飛行機事故のパイロットと搭乗者は誰?まとめ

 

私は最初このニュースを聞いた時、殺人だと思いました。

 

多額の契約金を払うのがイヤなイギリスの誰か、もしくは優秀なエミリアーノ・サラ選手を手放したくないフランス側の誰かが、飛行機のパイロットとともに事故にみせかけて殺そうとしたのだと思いました。

 

しかし、調べていくとどうも違います。

 

誰かの殺意よりも、『ずさんな管理と不運』が重なって起きた事故のように感じるのです。

 

例えば・・・

 

なぜ移動用の飛行機は旧型で小型で超ボロだったのか?

⇒18日(金)にサラ選手が突然ナント行きを希望したため、翌19日(土)のカーディフとの契約後に飛べるプライベートフライトを急遽探したため

 

なぜ飛行機は墜落したのか?

⇒急な話で安心安全な飛行機を用意出来なかったため

⇒冬の上空は非常に寒く、翼の着氷やエンジン凍結の可能性がある

 

なぜ違法なパイロットが選ばれたのか?

⇒違法なのに現地では慣例化していた(管理がずさん)

※ちなみにパイロットのデイヴィッド・アイボットソンさんはベテランで11月の健康診断も合格、しかし商業飛行の免許ナシ

 

なぜ危険な夜間飛行になったのか?

⇒これは不明、もともと朝出発の予定が10時間遅れている。天候も悪かった。

しかもデイヴィッド・アイボットソンは色覚異常で夜間飛行は出来なかった。

 

エミリアーノ・サラ選手をパイロットもろとも殺す必要があるか?

⇒冷静に考えてみると、こんな無理心中や自爆テロのような回りくどい事は考えにくい。そもそもスター選手を殺害する事自体おかしなことである。

 

以上を考慮すると、どうも『殺人の意図』の根拠としては乏しい気がします。

 

あくまで私個人の勝手な推測ですが。

 

あなたはどう思われましたか?

 

現在も捜査中とのことですので、続報を待ちましょう。

 

後味悪いままですので早くなんとか全容が明らかになって欲しいです。

 

てことで今回はこの辺で。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

では。 (=´▽`=)ノ

 

 
スポンサーリンク
 
おすすめの記事