女優の松本若菜さんがNHK大河ドラマ『麒麟がくる』に出演し話題になっています。

 

やっぱり美しい方ですよね。

 

松本若菜の年齢や結婚相手は?相棒での演技、佐藤健との関係まとめ!e

 

ということで今回は女優、松本若菜(まつもとわかな)さんのお話です。

 

テレビに映画に大活躍中の彼女、一体何歳なんだろうと興味を持たれた方も多いと思います。

 

これだけ美人ですからね。

 

男なら興味が湧くのも当然です。

 

私が色んなことを調べてきましたので、記事にしてみました。

 

彼女の身長や年齢などのプロフィールから、出演した代表作、噂の彼氏(夫)とかも紹介したいと思います。

 

 

松本若菜の年齢、生年月日などのプロフィールまとめ

 

松本若菜の年齢や結婚相手は?相棒での演技、佐藤健との関係まとめ!1

名前:松本 若菜(まつもと わかな)

生年月日:1984年2月25日

年齢:36歳(2020年6月現在)

身長:165cm

血液型:A型

出身地:鳥取県 米子市(よなごし)

趣味:日本舞踊、ギター

結婚:未婚、独身

職業:女優

所属事務所:トリプルエー

経歴:高校生時代は地元鳥取県にてアルバイトをしながら高校生活をしていた。

高校卒業後も鳥取県下で化粧品会社の美容部員や美容院の受付として働いていたが、芸能界に入るため2006年(22歳の時)に上京。

新宿のうなぎ屋でバイトをしながら演技の練習に通った。

2007年『仮面ライダー電王』で女優デビュー。主人公の姉という役だが、ストーリーに大きく関わる重要人物だが、見事演じ切る。

2009年『腐女子彼女』にて映画初主演。

2017年『愚行録』で第39回ヨコハマ映画祭助演女優賞を受賞。

 

松本若菜さんって女優の相田翔子さんに似てると思いません?

 

そんなことないですよね・・・。

 

とにかくめちゃくちゃ美人です。

 

2020年6月現在、36歳という事ですが、妙に幼く見える時もあるし、やたらと大人っぽく見える時もある、不思議な顔立ちです。

 

この感じはちょっと安達祐実さんみたいです。

 

そういうミステリアスな感じが人を引き付ける要因になっているのかも知れません。

 

こんなに魅力的な方なんですが、2020年6月現在、男性との噂などは何もありません。

 

ということはつまり、私たちにもワンチャンあるって事です(笑)

 

ねーよ。

 

 

松本若菜さんのドラマ『相棒』での演技は?

 

松本若菜さんは人気ドラマ『相棒』にも出演されました。

 

レギュラーではなくゲスト出演ですが。

 

松本若菜の年齢や結婚相手は?相棒での演技、佐藤健との関係まとめ!3

 

放送回は2013年1月1日と2014年1月1日の2回で、成宮寛貴演じる『甲斐亨』と同期の婦警の役です。

 

ちなみに2013年1月1日の放送はシーズン11の11話で視聴率は17.4%で普段通りの視聴率となっています。

 

2014年1月1日はシーズン12の10話で視聴率19.6%と非常に高い数値を記録しています。

 

放送日は元日でしたのであまり参考にならないかも知れませんが。

 

 

松本若菜と佐藤健との関係は?

 

さて、松本若菜さんをネットで検索すると、俳優の佐藤健さんが関連キーワードとして出てくるのです。

 

もしかしてこの二人、そういう関係なのか?

 

と思って調べてみたら全く違いました。

 

たくさんの女性芸能人と付き合ってきたと噂される佐藤健さんですが、今まで松本若菜さんと噂になった事はありません。

 

上でも書きましたが、この二人『仮面ライダー電王』で共演されてるんです。

 

主人王の仮面ライダーが佐藤健さん、主人公の姉を演じたのが松本若菜さんなのです。

 

それで二人が同時に検索結果の候補の所に出てきちゃうわけです。

 

 

松本若菜の年齢や結婚相手は?相棒での演技、佐藤健との関係まとめ!

 

以上、簡単ですが、今回は松本若菜さんについて気になることをざっくりとまとめてみました。

 

松本若菜の年齢や結婚相手は?相棒での演技、佐藤健との関係まとめ!2

 

もう一度プロフィールを紹介しておきます。

 

松本若菜の年齢や結婚相手は?相棒での演技、佐藤健との関係まとめ!1

 

名前:松本 若菜(まつもと わかな)

生年月日:1984年2月25日

年齢:34歳(2019年1月現在)

身長:165cm

血液型:A型

出身地:鳥取県 米子市(よなごし)

趣味:日本舞踊、ギター

職業:女優

結婚:未婚、独身

所属事務所:トリプルエー

経歴:高校生時代は地元鳥取県にてアルバイトをしながら高校生活をしていた。

高校卒業後も鳥取県下で化粧品会社の美容部員や美容院の受付として働いていたが、芸能界に入るため2006年(22歳の時)に上京。

新宿のうなぎ屋でバイトをしながら演技の練習に通った。

2007年『仮面ライダー電王』で女優デビュー。主人公の姉という役だが、ストーリーに大きく関わる重要人物だが、見事演じ切る。

2009年『腐女子彼女』にて映画初主演。

2017年『愚行録』で第39回ヨコハマ映画祭助演女優賞を受賞。

 

年齢は34歳の結婚歴無しの独身、ドラマ『相棒』にはゲストの婦警役として2話に出演、佐藤健さんとは仮面ライダーで兄弟の役を演じた、という事でした。

 

ということで今回はこの辺で。

 

松本若菜さんのこれからの活躍を応援していきたいと思います。

 

プライベートでも幸せになってもらえるとファンとしても嬉しいですよね。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

では。 (=´▽`=)ノ

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事