どうもこんにちわ。

 

【おべ】にようこそおいでくださいました。

 

たくさんのサイトの中からここを訪問してくださってありがとうございます。

 

ゆっくりしていってください (=´▽`=)

 

山本美月の代表作は?ドラマも映画もCMもこれさえ押さえときゃ大丈夫e

 

ちょっと今さら感もあるのですが、今回はモデルでもあり、女優でもある山本美月(やまもと みづき)さんの事を記事にしてみました。

 

こんなブログ書いてる自分ですが、芸能人にはほんと疎くて、顔もなかなか覚えられないような始末です。

 

山本美月さんに至っても、今回の記事を書くまで『どーせAKBの誰かだろ』くらいに思ってましたので。

 

※本人様、関係者様、もしこれ見てたらほんとにすみません。

 

今度、ドラマ『パーフェクトワールド』にてヒロンを演じられるという事で、山本美月さんがどんな人なのかをプロフィールと代表作を中心にまとめてみました。

 

 
スポンサーリンク
 

 

山本美月(やまもとみづき)のプロフィール

 

山本美月の代表作は?ドラマも映画もCMもこれさえ押さえときゃ大丈夫1

名前:山本 美月(やまもと みづき)

本名:山本 美月(やまもと みづき) ※芸名と同じです

生年月日:1991年7月18日

年齢:27歳(2019年1月現在)

身長:167cm(77-59-85)

血液型:O型

出身地:福岡県 福岡市

趣味:漫画、アニメ、フィギュア・ぬいぐるみコレクション、写真を撮ること

特技:テニス、絵を書くこと(イラストや漫画)

好きな食べ物:肉

好きな男性のタイプ:誠実で趣味のある人

職業:モデル、女優

出身高校:筑紫女学園中学校および高等学校

出身大学:明治大学 農学部(生命科学科)

所属事務所:インセント

経歴:

2009年、高校3年生の時、雑誌『CanCam』の専属モデルとなり、デビュー。

2011年、ドラマ『幸せになろうよ』で女優デビュー。

2012年、『桐島、部活やめるってよ』で映画デビュー。

2012年、ドキュメンタリー番組『ウーマン・オン・ザ・プラネット』にて初のテレビ番組レギュラーかつ初の司会となる。

2012年、『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』で連ドラ初出演。

2013年、雑誌『CanCam』にて42ページに渡る異例の特集が組まれる。

2014年、スマホ向けドラマ『奇妙な恋の物語』にて初のドラマ主演。

2015年、『東京PRウーマン』で映画初主演。

2018年、『真夜中のスーパーカー』でテレビドラマ初主演。

 

好きな食べ物が肉で漫画が好き、個人的にはものすごく親近感湧きます。

 

 

『CanCam』の公式サイトのプロフィールのところには、好きな男性のタイプまで載っています。

 

 

珍しいです。

 

 

他にも楽しいQ&Aが載っていますので、興味のある方はぜひ見てみてくださいね。

 

 

ちなみに『CanCam』は2017年の9月号にて卒業されています。

 

 

なのになぜかページが残ったままですので、消されない内になるべく早く見る事をオススメします。

 

 

なんとなく山本美月さんがどんな方なのかわかりましたね。

 

 

けど、なぜ今ここまで有名になっているのでしょう?

 

 

代表作を見ていきたいと思います。

 

 
スポンサーリンク
 

 

山本美月の代表作は?ドラマはこれさえ押さえときゃ大丈夫

 

山本美月の代表作は?ドラマも映画もCMもこれさえ押さえときゃ大丈夫2

 

さてここからようやくこの記事のキモに近づいていきます。

 

 

実はゴールデンタイムの民放で主演やヒロインを演じた事はまだ一度も無いんですよね。

 

 

2019年4月に始まる、松坂桃李主演のドラマ『パーフェクトワールド』にて初めての大きな役となります。

 

 

ですので、『俺けっこうドラマ見てるのに山本美月全然知らないんだよなー』って人がたくさんいて当たり前なんですよね。

 

 

大ヒットした『ドクターX』や話題になった『安堂ロイド』(話題になっただけで世間の評判は悪かった)でも小さな役でしたし、2013年の山下智久主演のドラマ『SUMMER NUDE』も視聴率はよくなかったんですよね。

 

 

この通り、話題作にはちょくちょく出てます。

 

 

が、一つ気になる作品がありまして、2017年『刑事ゆがみ』というドラマについてです。

 

 

浅野忠信主演の刑事ドラマなんですが、山本美月さんは非常にオイシイ役で出演されています。

 

 

このドラマ、視聴率はかなり低かったのですが、絶賛する声が非常に多く、続編の制作が期待されています。

 

 

ドラマの評価と同様、山本美月さんの演技も評価されていまして、今度公開のドラマ『パーフェクトワールド』のヒロイン役に抜擢された理由のひとつなのではないかと勝手に思ってます。

 

山本美月の代表作は?映画はこれさえ押さえときゃ大丈夫

 

続きまして、映画編です。

 

 

まずは2012年の『桐島、部活やめるってよ』ですね。

 

タイトルにもなってる桐島君の彼女というそこそこ重要な役で出ています。

 

たくさんの賞を取っている非常に評価の高い映画ですね。

 

 

 

それから2014年の『黒執事』です。

 

大ヒット漫画の映画版なのですが、そこそこ良い役でしかも『メイド+メガネ』という僕的には最強のキャラで出演されています。

 

映画版もそこそこヒットしましたのでおもしろく見れると思います。

 

 

 

2014年の『女子ーズ』はそこまでヒットしなかったものの、出演者がかなり豪華だと話題になりました。

 

戦隊モノなんですが、桐谷美玲さん、藤井美菜さん、高畑充希さん、有村架純さん、山本美月さんの5人で戦隊組んでやってます。

 

出演者が全員ブレイクし、今は続編希望の声が上がっています。

 

コメディ全開のおバカ映画ですので、見るならそのつもりで見てください。

 

 

 

2014年の『近キョリ恋愛』は映画が大ヒットしました。

 

山本美月さんは主人公の友達というそこそこ美味しい役でした。

 

 

 

2016年の話題作『貞子vs伽椰子』は話題になっただけでなくきちんとヒットしました。

 

主演でしたが、本当の主演は貞子と伽椰子のW主演ですからちょっと微妙ですかね。

 

 

 

2018年、『去年の冬、きみと別れ』にはヒロイン役で出演。

 

この映画も評価がすごく高いですね。

 

 

山本美月の代表作は?CMはこれさえ押さえときゃ大丈夫

 

まずは日清焼きそばU.F.O.でしょう!

 

 

 

そして積水ハウス!

 

 

 

頭痛、腹痛にセデスも有名です。

 

 

 

最後に僕がいちばん好きなジョージアです。

 

 

 

CM見ると、『あーあのコか!!』ってなりますよね。

 

 

ドラマや映画って最近見るのもしんどいって人が多いです。

 

 

僕もその一人です。

 

 

CMなら手軽で頭に入りやすいように作られてるから、見たら思い出しますよね。

 

山本美月の代表作は?ドラマも映画もCMもこれさえ押さえときゃ大丈夫まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

とりあえずもう一度プロフィールをまとめておきます。

 

山本美月の代表作は?ドラマも映画もCMもこれさえ押さえときゃ大丈夫1

名前:山本 美月(やまもと みづき)

本名:山本 美月(やまもと みづき) ※芸名と同じです

生年月日:1991年7月18日

年齢:27歳(2019年1月現在)

身長:167cm(77-59-85)

血液型:O型

出身地:福岡県 福岡市

趣味:漫画、アニメ、フィギュア・ぬいぐるみコレクション、写真を撮ること

特技:テニス、絵を書くこと(イラストや漫画)

好きな食べ物:肉

好きな男性のタイプ:誠実で趣味のある人

職業:モデル、女優

出身高校:筑紫女学園中学校および高等学校

出身大学:明治大学 農学部(生命科学科)

所属事務所:インセント

経歴:

2009年、高校3年生の時、雑誌『CanCam』の専属モデルとなり、デビュー。

2011年、ドラマ『幸せになろうよ』で女優デビュー。

2012年、『桐島、部活やめるってよ』で映画デビュー。

2012年、ドキュメンタリー番組『ウーマン・オン・ザ・プラネット』にて初のテレビ番組レギュラーかつ初の司会となる。

2012年、『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』で連ドラ初出演。

2013年、雑誌『CanCam』にて42ページに渡る異例の特集が組まれる。

2014年、スマホ向けドラマ『奇妙な恋の物語』にて初のドラマ主演。

2015年、『東京PRウーマン』で映画初主演。

2018年、『真夜中のスーパーカー』でテレビドラマ初主演。

 

ドラマの代表作は、はっきりしたものはまだ無し!

 

 

映画の代表作は『桐島、部活やめるってよ』『黒執事』『女子ーズ』『近キョリ恋愛』『貞子vs伽椰子』『去年の冬、きみと別れ』などですね。

 

 

まとめの割にちょっと多くてすみません。

 

 

CMは上でも貼り付けてますが、やはり『ジョージア』がいちばんわかりやすいのではないでしょうか。

 

 

以上、山本美月さんってこんな人だよっていうのを紹介してみました。

 

 

てことで今回はこの辺で。

 

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

 

では。 (=´▽`=)ノ

 

 
スポンサーリンク
 
おすすめの記事