どうもこんにちわ。

 

【オヤジニュース】にようこそおいでくださいました。

 

たくさんのサイトの中からここを訪問してくださってありがとうございます。

 

ゆっくりしていってください (=´▽`=)

 

小倉優香の初主演映画『レッド・ブレイド』が大コケ!脚本がひどい!e

 

最近超イケイケのモデルであり女優でもある小倉優香さん。

 

以前にも記事を書きました。

 

そんな小倉優香さんなのですが、2018年12月に映画に初主演されました!

 

おめでとうございます、と言いたいところなんですが、結果がひどい事になってますので、今回記事にしてみました。

 

 
スポンサーリンク
 

 

小倉優香のプロフィール

 

小倉優香って誰だよ?って方の為にプロフィールをまとめました。

 

小倉優香の初主演映画『レッド・ブレイド』が大コケ!脚本がひどい!1

名前:小倉 優香(おぐら ゆうか)

本名:小倉 優香(おぐら ゆうか) ※芸名と同じ

愛称:ぐらちゃん

生年月日:1998年9月5日

年齢:20歳(2019年2月現在)

職業:女優、モデル、グラビアアイドル

身長:167cm

スリーサイズ:87(G)-59-89

靴のサイズ:24.0

チャームポイント:首の横のほくろ

血液型:AB型

出身地:千葉県 市川市

趣味:筋トレ

特技:ダンス・チアダンス(運動は苦手)

好きな食べ物:焼肉、パクチー

好きなアーティスト:ブリトニースピアーズ、尾崎豊

好きな作家:江國 香織(えくに かおり)

好きな映画:『アレックス』(2003年のフランス映画)

出身中学:不明(デビューが中学生だったので地元千葉県の中学校説が有力)

中学校の部活:無所属(部活外でダンスをやっていた)

出身高校:中央高等学院(東京都の通信制、共学の私立高校)

出身大学:進学せず

目標とする人:満島ひかり

所属事務所:エイジアプロモーション

備考:

・自称、通称『リアル峰不二子』

・8頭身

・小・中学生の頃には千葉県の競技チアダンスチームに所属、2010年のUSA大会ソングリーディング部門では全米一になった。しかもリーダーだった。

経歴:

2013年、中学3年生の時(14歳)、東京ガールズコレクションでモデルデビュー。

2017年、高校を卒業、『週刊ヤングマガジン』『FLASHスペシャル』『週刊プレイボーイ』でグラビア披露。

2018年、テレビドラマ『チア☆ダン』にて主人公のライバルチームのセンター役を演じる。

2018年、『レッド・ブレイド』で映画初主演。

 

『リアル峰不二子』と紹介される事も多いので知ってる方も多いとは思います

 

 

これからグイグイ来る方なので今の内に知っておいて損はないですよ。

 

 

最近『DA PUMP』が出てる『スーモ』のCMで司会やってる青ドレスの方です。

 

小倉優香の初主演映画『レッド・ブレイド』が大コケ!脚本がひどい!3

小倉優香の初主演映画『レッド・ブレイド』が大コケ!脚本がひどい!4

 

これだと知ってるって人もいるんじゃないでしょうか。

 

 

実は僕も最近まで知りませんでした。

 

 
スポンサーリンク
 

 

小倉優香の初主演映画『レッド・ブレイド』が大コケ!脚本がひどい!

 

小倉優香の初主演映画『レッド・ブレイド』が大コケ!脚本がひどい!2

 

ここからいよいよ本題になります。

 

 

彼女が初めて主演した映画『レッド・ブレイド』が2018年12月に公開されたのですが、大コケしました。

 

 

あの園子温が原案なのですが、まさかここまでコケるとは誰が予想したでしょうか。

 

 

では映画の解説を。

 

 

『レッド・ブレイド』とは・・・

 

原案・・・園子温

 

監督・・・石原貴洋

 

主演・・・小倉優香

 

ジャンル・・・忍者アクション

 

あらすじ・・・

いじめられっ子の高校生マコは図書室で見つけた忍者の児童書『雷風刃』を読むことが唯一の心やすらぐ瞬間だった。そんな彼女の目の前に『雷風刃』に登場する忍者のヒロとユウが現れ、導かれるようにマコは江戸時代へとタイムスリップする。伊賀の世界で伝説の忍者・才蔵の指南のもとマコの忍者修行がスタートするが、『雷風刃』の悪人・原田勘助が現実世界に出現してしまう。

 

 

ね。

 

 

あらすじ読んだ段階でヤバい匂いするでしょう。

 

 

映画.comの評価はなんと1.7/5(11レビュー)、Yahoo!映画の評価は2.1/5(10レビュー)となっています。

 

 

こんなに評価の低い映画、そうそうないですよ。

 

 

ま、レビュー数自体も少なすぎてあんま当てにならないんですけどね。

 

 

しかしコメントの内容はすごいです。

 

 

小倉優香さんを褒める内容の物が非常に多いです。

 

 

あと殺陣のシーンが素晴らしいと。

 

 

そしてやはりストーリーや細かな演出は酷評されていますね。

 

 

荒唐無稽過ぎるとか。

 

 

たしかに、タイムスリップして忍者になるのはちょっと・・・。

 

 

これをシリアスに見せるには手間と時間とコストがかかると思います。

 

 

『小倉優香のデビュー作なんだからもっときっちり作って欲しい』という意見までありました。

 

 

まぁ、ダンスが得意な小倉さんですから、アクションは出来ると思うんです。

 

 

そこをもっと生かせたら良かったのかな、と惜しい気持ちになります。

 

 

僕的には、身長167cmもあるグラマラスで顔も可愛い長身美女がいじめられっこ、この時点でおかしいだろ!と最初から全力でツッコミたい気分です。

 

小倉優香の初主演映画『レッド・ブレイド』が大コケ!脚本がひどい!まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

 

今回の映画はやっぱり脚本と演出に無理があったみたいです。

 

 

せっかく『小倉優香』というダイヤモンドを段ボール箱に入れて展示しちゃったって感じでしょうか。

 

 

箱から取り出して単品で見るといいんだけど、パッケージごと見るとダサい、みたいな。

 

 

主演作2発目は、今度は『小倉優香』を無理なく活かせる作品がいいと思います。

 

 

例えばチアダンのスピンオフで小倉優香主演バージョンとかね。

 

 

となると、今度は原作を冒涜したようになってしまうし・・・。

 

 

こんな事僕らが考えても仕方ないんですけどね。

 

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

 

て事で今回はこのへんで。

 

 

最後に前回書きました小倉優香さんの記事をもう一度紹介しておきます。

 

では。 (=´▽`=)ノ

 

 
スポンサーリンク
 
おすすめの記事