どうもこんにちわ。

 

【オヤジニュース】にようこそおいでくださいました。

 

たくさんのサイトの中からここを訪問してくださってありがとうございます。

 

ゆっくりしていってください (=´▽`=)

 

ピエール瀧をチクった(密告)のは誰?逮捕までの捜査の流れまとめe

 

世間で話題のピエール瀧さん。

 

いったいどういう経緯で逮捕されたのでしょうか?

 

『火の無い所に煙は立たない』なんて言いますが、煙の出どころが非常に気になりますので調べてみました。

 

そこにはピエール瀧さんを警察に売ったやつがいるはずなんです。

 

その密告者は誰なのか?と逮捕までの流れをまとめてみました。

 

 
スポンサーリンク
 

 

ピエール瀧のプロフィール

 

ピエール瀧をチクった(密告)のは誰?逮捕までの捜査の流れまとめ1

名前:ピエール瀧(ぴえーるたき)

本名:瀧 正則(たき まさのり)

生年月日:1967年4月8日

年齢:41歳(2019年3月現在)

身長:179cm

血液型:AB型

出身地:静岡県  静岡市

趣味:テレビゲーム、サッカー観戦、ゴルフ

特技:野球

好きな食べ物:ナポリタン、サバの味噌煮、静岡おでん

好きなアーティスト:沢田研二

尊敬する人:清原和博

職業:俳優、タレント、ミュージシャン、声優など

出身高校:静岡県立静岡東高等学校(男女共学の公立高校)

出身大学:進学せず

所属事務所: ソニー・ミュージックアーティスツ

家族:妻は一般人、2005年4月に長女が誕生(2019年3月現在13歳)

経歴:

1985年、高校3年生の時、阪神タイガースの入団テストを受けた。(結果はダメだった)

1989年、テクノバンド『電気グルーヴ』に加入。

以降しばらくは音楽活動、芸能活動を細々と行う。

2000年以降、俳優として開花し、数々の大作映画にわき役として出演、その演技力は非常に高く評価される。

俳優としての活動だけでなく、テレビ番組のMCやCMなどでもひっぱりだこの超人気マルチタレントである。

 

最近の邦画全部に出演してるんじゃないか?と言われても納得してしまうくらいたくさんの映画に出演されているピエール瀧さん。

 

 

僕は映画『凶悪』が大好きで何度も見ました。

 

 

主演は山田孝之さんです。

 

 

ピエール瀧さんはリリー・フランキーと組んで悪事を働くヤ〇ザ役でした。

 

 

その演技があまりにもハマり過ぎてて、今回の逮捕ニュースも実はあんまり驚かなかったりします(かなり失礼ですけど)

 

 

『アウトレイジ』の最終章でもヤ〇ザ役がハマってたのもあって、ピエール瀧さんって僕の中では『タレント業の出来るヤ〇ザ』なんです。

 

 
スポンサーリンク
 

 

ピエール瀧をチクった(密告)のは誰?逮捕までの捜査の流れまとめ

 

ここからが本題となります。

 

ピエール瀧をチクった(密告)のは誰?逮捕までの捜査の流れまとめ2

 

まずこの事件が表に出てくるきっかけが大事なんですよね。

 

 

これは正直なとこ『誰』なのかは具体的にはわかりません。

 

 

ただ一つ言えるのは、コカ〇ンなどの薬物を売買してる方達の間には情報のネットワークが出来ています。

 

 

お客さんの情報とか販売者の情報とかね。

 

 

そういう顧客情報みたいなのがあるんです。

 

 

もちろん名簿のようなリストが紙のメモやメールで存在してるわけではないと思います。

 

 

そんな証拠になるような『モノ』は危険ですので。

 

 

ですが何かの拍子にこの売買してた誰かが捕まってしまうと・・・

 

 

ゲロっちゃうわけです。

 

 

ここで出てくるのが『麻薬取締部』です。

 

 

『マトリ』と略して呼ばれる事も多いです。

 

 

『マトリ』は警察組織ではなくて厚生労働省所属の国家公務員となります。

 

 

警察としての権限を持ち、拳銃を携帯する事が出来て、おとり捜査のためにブツを売買できる権利があり、服装も髪型も自由です。

 

 

ですので見た目ではわかりません。

 

 

金髪のヤンキーみたいなルックスでもマトリの可能性はあるわけです。

 

 

マトリによる捜査はかなり慎重で粘り強いです。

 

 

確実なウラが取れるまで(基本的には半年以上)続きますので、誤認逮捕の可能性は0%と考えて良いでしょう。

 

 

そんなわけで、元の元には捕まった売買ブローカーがいるはずなんですよね。

 

 

そこでマトリがおとり捜査などをしながらゆっくり着実に証拠を集めていくわけですね。

 

 

と、ここまで書いておいてなんですが、これはあくまで最も濃厚な可能性の話でして、事実と違う部分もあるかと思います。

 

 

ですが逆(結果)から順に理論的に考えていくと最も高確率でたどり着く自然な流れです。

 

 

ピエール瀧逮捕←マトリが捜査←誰かがマトリに情報を流す←その誰かって誰?←前に捕まったアイツだ!!

 

 

という流れですね。

 

ピエール瀧をチクった(密告)のは誰?逮捕までの捜査の流れまとめのまとめ

 

難しい話でしたが、納得いただけましたでしょうか?

 

ピエール瀧が韓国紙幣を使用した理由!聞くと誰でも納得できる!3

 

情報源が具体的にどこの誰かはわかりませんが(わかったらすごいです)捜査の流れだけでもご理解いただけたかと思います。

 

 

もう一度まとめますと・・・

 

 

別件で逮捕された売買のブローカー⇒マトリにゲロってしまう⇒マトリが捜査⇒ピエール瀧逮捕

 

 

という流れです。

 

 

マトリってのは麻薬取締部の略で、警察の親戚みたいなもんです。

 

 

ただ、ひとつ気になる事があるんですよね。

 

 

それは東スポがピエール瀧の逮捕を予言していた事です。

 

 

どこから情報を得たのか、別記事で考えてみたいと思います。

 

 

他にもピエール瀧さんの逮捕に関してこんな記事を書いています。

 

てことで今回はこの辺で。

 

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

 

では。 (=´▽`=)ノ

 

 
スポンサーリンク
 

コメントを残す