タレントの志村けんさんが亡くなり、大きな話題になっています。

 

闘病の状況はあまりよろしくありませんでしたので、いつ亡くなっておかしくないな、と私は思っていたのですが、いざ速報が流れるとショックで言葉になりませんでした。

 

この衝撃は『志村けんさん』がツイッターのトレンドワード世界ランク1位を獲得しました。

 

世界中にショックが広がっていた事がわかります。

 

志村けん死亡に対する海外の反応まとめ!世界中で愛されてました。

 

そんな人気者の志村けんさん、日本以外で具体的にはどんな反応だったのでしょうか。

 

簡単にまとめてみました。

 

 

志村けんのプロフィール

 

まずは志村けんさんのプロフィールからどうぞ。

 

知ってる方は読み飛ばしちゃってOKです。

 

志村けん死亡に対する海外の反応まとめ!世界中で愛されてました。1

名前:志村けん

本名:志村 康徳(しむら やすのり)

生年月日:1950年2月20日

年齢:70歳没

身長:166cm

出身地:東京都 北多摩郡 東村山町(現・東村山市)

職業:お笑いタレント、司会者

最終学歴:東京都立 久留米高等学校

 

志村けんさんに関してはこんな記事も書いています。

 

お暇でしたらまた読んでみてください。

 

志村けん死亡。経過を簡単に解説。

 

志村けんさんがウイルス感染から死亡に至った経緯も載せておきます。

 

志村けんさんが死亡するまで
3月17日(火) 倦怠感の症状があったため、自宅静養(発症日)

3月19日(木) 発熱・呼吸困難の症状が出現

3月20日(金) 訪問診察をした医師の判断により、都内病院に搬送。重度の肺炎との診察を受け、入院

3月23日(月) 新型コロナウイルス検査陽性が判明

3月24日(火) 保健所による調査が行われ、発症日と濃厚接触者の特定が完了

3月25日(水) 所属事務所が感染を公表

3月29日(日) 午後11時10分死亡

3月30日(月) 公式発表

志村けん死亡まで

世界中の政府や厚生労働省の発表では新型コロナの潜伏期間は1~14日となっていますが、私個人の意見ではこれは間違いだと思っています。

 

長いと22日間です。

 

これは兵庫県丹波市にて感染が確認された30代男性の例がわかりやすいです。

 

この男性は2月16日(日)に大阪市のライブハウス『Arc』で行われた音楽イベントに参加。

 

3月9日(月)に検査を受け、同日、陽性が確定した。

 

このイベントは集団感染(クラスター)を引き起こした原因と考えられており、兵庫の男性もここで感染した可能性が非常に高いです。

 

丹波市ってかなり田舎ですので、市内の生活での感染リスクはほとんどありません。

※実際3月30日時点で丹波市での感染者はこの男性以外に出現していません。

 

つまり田舎に住んでいるがゆえに感染したタイミングがバッチリ判明したわけです。

 

そしてイベントのあった2月16日(日)から、感染が明らかになった3月9日(月)までを数えると、なんと22日間もある事がわかります。

 

全然14日間で収まっていないわけなのです。

 

と考えると、志村けんさんの感染したタイミングは、最速で2月24日(月)となります。(3/17発症の22日前)

 

ただし、この22日間というのは明らかになってる症例の中での最長期間ですし、潜伏期間の平均は5~6日とも言われてますから、22日間はそこまで一般的なデータではありません。

 

むしろ1日なんていう超短期間での発症実績もあるわけですから、いつ感染したのか、正確な日時を特定するのは本当に難しいです。

 

平均5~6日というデータから考えれば、志村さんの感染日は3月10日前後という事になりますね。

 

 

志村けん死亡に対する海外の反応まとめ!世界中で愛されてました。

 

志村けんさんの死亡に対しての世界中の反応をまとめてみました。

 

志村けん死亡に対する海外の反応まとめ!世界中で愛されてました。2

 

志村けんさんの訃報は・・・

  • BBC(イギリス)
  • ニューヨークタイムズ(アメリカ)
  • CNN(アメリカ)
  • ガーディアン(イギリス)

 

などなど、世界中の多数のメディアが報じています。

 

イギリスの新聞『ガーディアン』の電子版は

日本のコメディアンでウイルス感染が明らかになっていた最初の日本人セレブリティー、ケン・シムラが死去した。
シムラは3月25日にウイルスで入院していた。

と報じています。

 

日本は欧米と比較しても感染者数が明らかに少ないのですが、そんな国での著名人の死は特に注目すべきポイントとして見られています。

 

上記以外にも韓国、台湾が志村さんの死を報じています。

 

台湾の蔡英文総統は30日、新型コロナウイルスに感染して死去したタレントの志村けんさんに対して

きっと天国でもたくさんの人を笑わせてくれることでしょう。

とツイートしています。

 

蔡氏は日本語で「志村けんさん、国境を超えて台湾人にたくさんの笑いと元気を届けてくれてありがとうございました」と投稿。

 

台湾を代表して哀悼の意を表されました。

 

また、タイでも大きなニュースになっています。

 

タイでは昔『加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ』を放送していたという事で、子供の頃にテレビで志村けんさんを見ていた方が多いです。

 

志村さんのコントは言葉がわからなくても理解できるものが多く、吹替や字幕が無い映像でも、外国の方は楽しめたそうです。

 

日本人がチャップリンやミスター・ビーンを見てもおもしろく感じるのに近い感覚なんでしょうね。

 

最近はYoutubeに昔の志村けんさんのコント動画が上げられており、動画には世界中の方のコメントが付いています。

 

Youtubeの躍進とともに志村さんは世界レベルでも知名度を上げていたわけです。

 

下ネタが含まれる動画もありますから、賛否分かれるのは当然ですが、おおむね好評なようです。

 

そんな矢先での訃報でしたので、悲しんでいる方は日本だけでなく、世界中におられます。

 

 

志村けん死亡に対する海外の反応まとめ!世界中で愛されてました。まとめ

 

以上、今回は志村けんさんの訃報に対する海外の反応について調べてみました。

 

アジアも欧米も大手メディアが大々的に報じている事がわかりました。

 

台湾に至っては大統領自身がツイートしているくらいです。

※日本の安倍首相は何もしていませんよね・・・。

 

そして、実はYouTubeの発展とともに世界レベルで志村けんさんのファンは増えていたんですね。

 

そんな中での志村さんの死ですから、世界中で本当に大きなショックになっている事がわかりました。

 

困っている人を助けようとしていた志村さん、それゆえに感染してしまったとの見方が強いですが、志村さんはおもしろいだけでなくすごく優しい人でもあったことを世界中の方に知って欲しくなりました。

 

志村けんさんに関してはこんな記事も書いています。

 

お暇でしたらまた読んでみてください。

 

ということで今回はこの辺で。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

では。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事