女優の岡江久美子さんがコロナで亡くなり、またもや日本に大きな衝撃が走りました。

 

一体いつから感染していたのか?

 

どこで感染経路やルートは?

 

岡江久美子の感染経路は?いつから感染してた?家族構成もまとめ

 

コロナの事や家族構成もまとめてみました。

 

本当に残念な事になってしまいました。

 

 

岡江久美子のプロフィール

 

まずは岡江久美子さんのプロフィールからどうぞ。

 

知ってる方は読み飛ばしちゃってOKです。

 

岡江久美子の感染経路は?いつから感染してた?家族構成もまとめ1

名前:岡江 久美子(おかえ くみこ)

本名:大和田 久美子

生年月日:1956年8月23日

年齢:63歳(2020年4月現在)

身長:157cm

出身地:東京都 世田谷区

職業:女優、タレント、司会者

最終学歴:鴎友学園高校(東京都の私立大学、偏差値50代半ば(当時))

 

岡江久美子さんは女優として多くのドラマや映画に出演されていましたが、一番有名なのは『はなまるマーケット』の司会でしょう。

 

1996年(当時39歳)~2014年まで17年半もの間、薬丸裕英さんと司会をされていました。

 

ずっと元気でいてくれてると思ってました。

 

亡くなったなんて信じられません。

 

 

岡江久美子の感染経路、感染ルートは?

 

岡江久美子の感染経路は?いつから感染してた?家族構成もまとめ2

 

岡江久美子さんの感染経路は明らかにされていません。

 

そもそも岡江久美子さんがコロナに感染していた事すら報じられていませんでした。

 

亡くなったと同時に報道された、という形です。

 

所属事務所からFAXで発表されたようです。

 

感染経路や感染ルートはこれから明らかにされていくと思われます。

 

岡江久美子、いつから感染していた?

 

いつ感染したというのもはっきりと情報が出ていません。

 

ただ最初の症状として、4月3日(金)に発熱し、自宅で療養しておられましたが、6日朝に容体が急変し、都内の大学病院に緊急入院されていました。

 

その後はICUで人工呼吸器を装着。

 

PCR検査の結果、陽性が判明しました。

 

所属事務所によると、岡江さんは2019年末に初期の乳がんの手術を受けていたとの事です。

 

2020年1月末から2月半ばまで放射線治療を行い、免疫力が低下していたことが重症化した原因ではないか、と見られています。

通夜、葬儀・告別式は未定で、後日お別れの会を実施する予定という。

 

発症までの潜伏期間が1週間だとすると、3月の末に感染した事になりますね。

 

ちなみに、7都府県に非常事態宣言が出されたのが4/7です。

 

志村けんさんが亡くなったのは3/29の事でした。

 

 

岡江久美子の家族構成は?

 

岡江久美子さんは芸能家族でした。

 

夫は俳優、タレントの大和田獏さんです。(現在69歳)

岡江久美子の感染経路は?いつから感染してた?家族構成もまとめ3

 

長女は女優の大和田美帆さんです。(現在36歳)

岡江久美子の感染経路は?いつから感染してた?家族構成もまとめ4

 

大和田獏さんと、大和田美帆さんはそれぞれの家で外出自粛で、現在症状は出ていないとの事です。

 

2人の連名での報道各社へのFAXの内容がこちら。

 

「岡江久美子が4月23日5時20分に新型コロナによる肺炎のため、永眠いたしました事をご報告いたします。今はただ残念で信じがたく、悔しくて悔しくて他は何も考えられない状態です。どうかそっと送って頂きたいと願っています」

「仕事関係者の方々、ファンの皆様、ご友人の皆様、長いお付き合いを感謝致します。また、全力を尽くして治療にあたって頂いた医療関係者の皆様に心から感謝いたします。ありがとうございました」

「皆様、コロナウイルスは大変恐ろしいです。どうかくれぐれもお気をつけください」

 

 

また、岡江久美子さんの義兄は大和田伸也さんで、その奥様は五大路子さんです。

 

甥に大和田悠太さんと大和田健介さんがおられます。

 

コロナに感染しての死去という事は、大和田獏さんも娘の美帆さんも岡江さんに対面出来ないまま火葬されてしまうという事です。

 

志村けんさんのお兄さんもそうでしたが、残された家族は本当にやるせないです。

 

岡江久美子の感染経路は?いつから感染してた?家族構成もまとめ

 

以上、今回は岡江久美子さんのコロナの感染経路やルート、家族構成について調べてみました。

 

まだ不明な点が多いですが、新しい情報が入り次第追記していきます。

 

 

ということで今回はこの辺で。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

では。

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事