どうもこんにちわ。

 

【おべ】にようこそおいでくださいました。

 

たくさんのサイトの中からここを訪問してくださってありがとうございます。

 

ゆっくりしていってください (=´▽`=)

 

嵐が活動休止発表!ダウンタウン松本人志のコメントが素晴らしい!e

 

先日大人気アイドルの嵐が2020年12月31日をもっての活動休止を発表しましたね。

 

一時日本中がその話題で持ち切りになりました。

 

著名人もたくさんのコメントを返しましたが、その中でダウンタウンの松本人志のコメントがすごく良かったので紹介したいと思います。

 

 
スポンサーリンク
 

 

嵐が活動休止発表!ダウンタウン松本人志のコメントは?

 

嵐が記者会見の開き、活動休止を発表した1週間後、『サンデージャポン』に松本人志が出演した際のコメントをまとめてみました。

 

 

では早速いきましょう。

 

 松本『悩んだんでしょうね。多分、大野君は“僕抜きで4人でやってくれ”って最初は言ったのかなと思うんです』

 

確かに、そんな言い方でした。

 

大野君が会見で言ったのは『自分の嵐としての活動をいったん終えたい』でしたもんね。

 

『俺は抜けてもあとの4人で嵐続けたらいいよ』『いったん抜けるだけだからまた戻るかもよ』と聞こえるのは僕だけじゃないはずです。

 

 

松本『彼(大野)戻ってくる場所がなくなってしまうから、それは避けたかったんじゃないかな。そこを強く押したら大野君が悪者になってしまうと言うこともあるし、これは相当難しい選択だった思う』

 

これ難しいですよね・・・。

 

メンバーもファンもスタッフも、いろんな考えの人がいますから、なるべく大勢の人が納得できる形にしたいはずです。

 

その大勢の人が納得出来る形、というのがデリケートな話で難しいと僕も思います。

 

 

松本『大人の人たちは“4人でコンサートやってくれや〜。金もうけできるし”って正直思っているかもしれない』

 

これは僕はいちばん共感できました。

 

こんなビッグなアイドルマネーが動くのですから、事務所やコンサート会場の関係者やCD、グッズ製造と販売の関係者、多くの人の

仕事と収入に関わってきます。

 

どれだけ多くの人に影響があるのか想像も出来ません。

 

 

松本『1回こういう形になって、みんなが50(歳)になって“五十嵐(いがらし)”としてね…』

 

これは完全にボケですね。

 

しかもあんまおもしろくないし。

 

 
スポンサーリンク
 

 

嵐が活動休止発表!ダウンタウン松本人志のコメントが素晴らしい!

 

何が素晴らしいってこれですよ。

 

 

これ。

 

松本『1回こういう形になって、みんなが50(歳)になって“五十嵐(いがらし)”としてね…』

 

これスベってるんですよね。

 

 

実際はどうなのかわかりませんけど、その場で思い浮かぶボケじゃないはずなんですよ。

 

 

つまり事前に考えてたわけですよね。

 

 

それかスタッフや芸人仲間との会話の中で生まれたものかも知れません。

 

 

だから『あんまりおもしろくないしスベる』事もわかってたはずなんです。

 

 

だけど、実際に口にしてちょっとスベったっていうね。

 

 

あの場でこの一言がウケてたら、嵐が主役のテーマなのにまっちゃんがおいしいとこ持っていっちゃいますからね。

 

 

それをあえてチョイスしてワザとスベって大野君を立てる、まっちゃんの優しさですよ。

 

 

で、ちょっと和やかな感じにしてるんですよね。

 

 

あとここからが僕が一番思う事なんですけど、みんな嵐について騒ぎ過ぎじゃない?っていう事ですよ。

 

 

活動休止まであと2年弱もあるんですよ。

 

 

相当長くないですか?

 

 

今ショック受けて悲しんでるファンもいますけど、そんなんであと2年もつのかよ、と思うんですよね。

 

 

しかも解散じゃなくて『活動休止』ですからね。

 

 

夏休みみたいなもんでしょう。

 

 

悲観的になり過ぎな人が多いと思うんです。

 

嵐が活動休止発表!ダウンタウン松本人志のコメントが素晴らしい!まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

 

今回はただ僕が思っただけの事を単純に語らせてもらいました。

 

 

昔はまっちゃんて神だと思ってたんですけど、最近SNSの発達とともに叩かれるようになってきましたからね。

 

 

今回これ見て『さすが松本人志だなぁ』と思って今回記事にしてみました。

 

 

ただ一番言いたかったのは、あと2年もあるんだから、まだ悲しむのは早いんじゃないか?って事なんですよね。

 

 

実際けっこう笑顔があったり笑いもあったりで、和やかな雰囲気でしたしね。

 

最後に、嵐の活動休止に関する記事をまとめておきます。

 

てことで今回はこの辺で。

 

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

 

では。 (=´▽`=)ノ

 

 
スポンサーリンク
 
おすすめの記事