今回はアパレルのオンラインサイト『ZOZOTOWN(ゾゾタウン)』と運営している株式会社スタートトゥデイのお話です。

 

その株式会社スタートトゥデイは知らない人は多いと思います。

 

株式会社スタートトゥデイが2018年10月1日に社名変更を予定している、という事で今回記事にしてみようと思いました。

 

ZOZOTOWN(ゾゾタウン)を運営するスタートトゥデイが社名変更!新しい名前と由来はe

 

まぁ僕らにはほとんど関係の無いことですが(笑)

 

関係あるのはスタートトゥデイの関係者と株主くらいでしょうか。

 

 
スポンサーリンク
 

 

ZOZOTOWNを運営するスタートトゥデイが社名変更!新しい名前は?

 

結論から言いますと『株式会社ZOZO』です。

 

 

わかりやすくてすごくいいですよね!

 

 

ZOZOTOWN(ゾゾタウン)を運営してる会社ですから、お客様にストレートにダイレクトに伝わりやすいです。

 

 

短くてキャッチーで覚えやすいところも良し!

 

 

 
スポンサーリンク
 

 

ZOZOTOWNを運営するスタートトゥデイが社名変更!いつから?

 

これも結論から言いますと2018年10月1日です。

 

 

てか上でもう書いちゃってるっていうね(笑)

 

 

企業は4月1日から9月30日までの6ヵ月(半年)上半期、10月1日から翌年3月31日までの6ヵ月下半期としているところも多いので、そのせいかも知れませんね。

 

 

服を扱う会社ですから、春夏と秋冬では売り上げも利益もかなり違うでしょうからね。

 

 

ZOZOTOWNを運営するスタートトゥデイが社名変更!社名の由来は?

 

ZOZOとスタートトゥデイ、この二つの由来について書いていこうと思います。

 

ZOZO

 

『創造』『想像』、二つの単語に入ってる『ZO』を使って名付けられたようです。

 

 

株式会社スタートトゥデイの社長であり前澤友作氏は非常にポジティブな方で、わくわくするような物事を考えるのも大好きな方です。

 

 

そんな前澤社長に関する記事はこちら。

 

創造とは物を作る事とは限りません。

 

 

制度やシステム、考え方など形の無いものを作る事も『創造』です。

 

 

いろんな楽しみを『想像』する事で、人の役に立つ事や人を幸せにする仕組みを『創造』するのが大好きな方なんだと思います。

 

 

僕は最初1994年に発売したスーパーファミコン用大人気ゲームソフトFF6『ファイナルファンタジーVI』に登場するゾゾという町の名前かと思ってました。

 

 

この町、不気味なBGMが流れており、治安が悪くモンスターも出現する最悪の町です(笑)

 

 

なんでこんな名前にしたんだろうとずっと思ってましたが、全然違ってました。

 

 

すみません。

 

 

余談ですが、30代半ばの僕はFF6が大好きで何度も何度もプレイしました。

 

 

マッシュとエドガーのフィガロ兄弟、この二人のエピソードとやり取りは何度プレイしても泣けるし面白いです。

 

スタートトゥデイ

 

ゴリラ・ビスケッツ(Gorilla Biscuits)というバンドの『Start Today』という楽曲からです。

 

 

ゴリラ・ビスケッツ(Gorilla Biscuits)とはアメリカのパンクバンドで80年代後半は大人気だったようです。

 

 

前澤社長も元はプロのミュージシャンですのでかなり影響受けたんでしょうね。

 

 

僕もYouTubeで『Start Today』聞いてみたんですが良い曲でしたよ。

 

 

ロックの激しい感じの中にメロディアスで感傷的な雰囲気が上手くミックスされてて、『オフスプリング』みたいな感じでした。

 

 

気になる人は『Gorilla Biscuits - Start Today』で検索してみてください。

 

 

2分の曲なんですぐ聞き終わります。

 

 

zozotownを運営するスタートトゥデイが社名変更!新しい名前と由来まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

 

今回はZOZOTOWN関連の名前の由来に関する記事でした。

 

 

ただ社名の由来を紹介するっていう、実用性ゼロのネタ記事ですみません。

 

 

前澤社長やZOZOTOWNに関しては他にもこんな記事を書いていますので、お暇があれば読んでみてください。

 

てことで今回はこの辺で。

 

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

 

では。 (=´▽`=)ノ

 

 
スポンサーリンク
 
おすすめの記事