今回は前澤友作社長の話です。

 

ZOZOTOWN前澤友作社長、実は月へは行かない!その理由と真相がこちらe

 

今世間を騒がせているZOZOTOWNの前澤友作社長、月に行くと発表しました。

 

しかし実は月には行かないことが明らかになりました。

 

正確には、月に行くって表現が適切ではないのです。

 

今回の記事ではその事について詳しく書いていきます。

 

 

ZOZOTOWN前澤友作社長のプロフィール

 

まずは前澤友作社長についてのプロフィールをまとめました。

 

ZOZOTOWN前澤友作社長、実は月へは行かない!その理由と真相がこちら1

名前:前澤友作(まえざわ ゆうさく)

生年月日:1975年11月22日

年齢:44歳(2020年6月現在)

身長:162cm

血液型:O型

出身:千葉県鎌ケ谷市

趣味:ゴルフ、絵画コレクション、車コレクション、時計コレクション

職業:実業家 株式会社ZOZO(アパレルのオンラインストアZOZOTOWNを経営する会社)の代表取締役社長

最終学歴:早稲田実業高校

年収:約267億円(納税額から推測)

資産:約3800億円(推測)

尊敬する人:トム・ヨーク、両津勘吉写真

 

女優の剛力彩芽さんとの交際を公にしたり、
プロ野球チームを所有したいと発表したり、
月への旅行計画を発表したり、
10億円以上するようなヴァイオリン買ったり、

私たち一般人とスケールが違い過ぎますね・・・。

 

2018年はほんとにこの人の年だったように思います。

 

こんなに話題ありましたからね。

 

で、本題の月へ行くって話です。

 

  • 月へ行くって言ったら…
  • 宇宙服着て月の上散歩したり
  • ジャンプしたり
  • 月の石や砂のサンプル採ったり
  • 天体観測したり

などなど・・・色々ありそうですが、実はそんなことしないのです。

 

では何しに行くのか?

 

 

ZOZOTOWN前澤友作社長、実は月へは行かない!その理由と真相がこちら

 

月に行く、のどこがウソなのか?

 

ZOZOTOWN前澤友作社長、実は月へは行かない!その理由と真相がこちら2

 

まず宇宙へは行きます。

 

けど月面着陸はしません。

 

月に行くって言っても着陸しないのです。

 

近づくだけです。

 

なぜか?

 

危険だからです。

 

死ぬかも知れません。

 

宇宙に空気は無いし、何かあった時にすぐ助けに行けるような場所でもありませんし。

 

NASAに所属する宇宙飛行士も大半は宇宙すら行けずに『宇宙飛行士としての仕事』を終えます。

 

一般人が宇宙飛行士になるのすらめちゃくちゃ大変です。

 

検査やテストが山ほどあります。

 

そうしてNASAの宇宙飛行士になったとしても、宇宙での仕事を希望し、厳しい勉強、訓練、テストを全てクリアし、上層部から許可が下りて初めて宇宙へ行くことができます。

 

宇宙へ行くって言ってもさまざまなミッションがあります。

 

ISS(国際宇宙ステーション、つまり人工衛星の事)関連の仕事がほとんどです。

 

月面着陸ミッションなんて実在するのかどうかすら怪しいです。

 

夢はありますが、人間が月面着陸する事のコストとリスクを考えれば、実際に月面に人を送り込む事で得られるリターンがあまりにも少ない、という意見もありますから。

 

月面で何かするならロボットにさせればいいわけですから。

 

そりゃそうですよね。

 

NASAが月面での有人作業に対してそんな考えです。

 

ただの一般人でど素人の前澤社長にそんなことさせるわけがありません。

 

ですから、月の近くに行ってぐるっと回って帰ってくるっていう、それだけなんです。

 

 

それだけって言うと、すごくしょぼく感じちゃうんですが「前澤社長は月面着陸する」と勘違いしてる人が多いので、やはり期待外れな感じはありますよね。

 

そもそも近くに行ってぐるっと回って帰ってくるって「月に行った」って言うのでしょうか?

 

それだけでは『月に行った』とは言えない、という専門家も多くいるんです。

 

私もそれでは『月に行った』ことにはならないと思います。

 

飛行機で東京から大阪に行くのに、名古屋上空を通ったとして、それで名古屋に行ったことになりますか?

 

なりませんよね。

 

そういうことです。

 

 

ZOZOTOWN前澤友作社長、実は月へは行かない!その理由と真相がこちら、のまとめ

 

以上、今回は前澤友作社長の月旅行の話でした。

 

ZOZOTOWN前澤友作社長、実は月へは行かない!その理由と真相がこちら3

 

難しい話になってしまってすみません。

 

要約すると月面着陸はしないけど、月の近くには行って来るよってことなんですよね。

 

こう言うと説明的でなんだか回りくどいです。

 

『月に行く』って言った方がインパクトがあって分かりやすいですよね。

 

私たち一般人にはそう思えるのですが、もしかしたら宇宙事業関係者の方には「月の周回軌道に乗るだけでも月に行ったことになる!」って言う方もいるかも知れません。

 

今回の記事ではそういう方達を否定するような書き方になってしまって申し訳ないです。

 

前澤社長からももう少しわかりやすく正確な説明があっても良かったんじゃないかな、と思いました。

 

前澤社長に関しては他にもこんな記事を書いていますので、お暇があれば読んでみてください。

 

お暇でしたらまた読んでみてください。

 

ということで今回はこの辺で。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

では。 (=´▽`=)ノ

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事