今回は今話題になっている『紀州のドン・ファン』こと野崎幸助氏の遺産相続の話です。

 

紀州のドン・ファンの遺言書に『いごん』と書いてあるのだが・・・?e

 

13億円もの資産がありながら「その全てを田辺市に寄付する」という内容の遺言書が見つかりました。

 

しかしそのタイトルには『いごん』と書いてありました。

 

一般的な『遺言(ゆいごん)』とは違うのでしょうか?

 

調べてみると意外なことがわかりました。

 

 
スポンサーリンク
 

 

『紀州のドン・ファン』こと野崎幸助氏のプロフィール

 

まずは『紀州のドン・ファン』こと野崎幸助氏さんのプロフィールからどうぞ。

 

知ってる方は読み飛ばしちゃってOKです。

 

紀州のドン・ファンの遺言書に『いごん』と書いてあるのだが・・・?1

名前:野崎幸助(のざきこうすけ)

生年月日:1941年4月13日

死去:2018年5月24日

出身地:和歌山県 田辺市

職業:実業家

 

さらに詳しく知りたい方のためにより、後で別ページに詳しくまとめておきます。

 

 
スポンサーリンク
 

 

紀州のドン・ファンの遺言書に『いごん』と書いてあるのだが・・・?

 

ここからが本題になります。

 

まずは見つかった遺言書をご覧ください。

 

紀州のドン・ファンの遺言書に『いごん』と書いてあるのだが・・・?2

 

えー・・・ツッコミどころが多く感じるのは私だけでしょうか?

 

まず・・・

 

  1. いごんって何?遺言じゃないのか?
  2. 字が汚くて普通に読めない部分があるけどいいの?
  3. 赤ペンで書いてるけどいいの?
  4. 漢字で書くべき所がひらがなだったり、ひらがなで書くべきところがカタカナなんだけどいいの?

 

などですね。

 

いちおう専門家によると「全て問題無い」との事なのですが、今回は1の『いごんって何?遺言じゃないのか?』について重点的に調べてみました。

 

まず『遺言』の読み方なのですが、普通は『ゆいごん』ですよね。

 

ですが紀州のドンファンの物には『いごん』と書かれています。

※字が汚過ぎて、私は最初『いでん』と読んでいました。本来の『遺伝』とは意味が違うけど「後世に伝えるもの」という意味では共通しているのでOKかと思ってたんですが、乱筆だっただけのようです。

 

『ゆいごん』と『いごん』の違い

 

基本的には同じ意味なのですが、その効力の強さには大きな違いがあることがわかりました。

 

国語辞典によると、『遺言(ゆいごん)』とは死後のために生前に言い残す言葉を指します。

 

これに対し、『遺言(いごん)』とは自分の死後に法律上の効力を発生させる目的で遺贈、相続分の指定、認知などにつき、一定の方式に従ってする単独の意思表示となっています。

 

つまり『遺言(いごん)』とは法律用語として使われる言葉だという事です。

 

紀州のドンファンこと野崎幸助氏は実業家でした。

 

個人事業主として知っておかなくてはならない法律もありますので、サラリーマンやパート主婦よりは法に詳しかったはずです。

 

その野崎幸助さんがあえて『遺言』ではなく『いごん』という言葉を使っているという事は、野崎幸助氏はこの遺言書に法的な効力を込めたかったことがわかります。

 

そして実際に書いてある内容には強い力がある、という事です。

 

なお↑で私がツッコミを入れている『字の汚さ』『赤ペン』『ひらがなカタカナ』に関しては、法的にも全く問題ありません。

 

フジテレビのお昼の情報番組『バイキング』でも複数の法律家や専門家がこの遺言に対してコメントをしていましたが、無効だと意見する人はいませんでした。

 

最後に一つ問題がありまして、この『いごん』が本当に野崎幸助さん本人が書いた物なのかどうか、という事です。

 

誰か他の方に偽造された可能性もありますから、これから筆跡鑑定などが行われます。

 

紀州のドン・ファンの遺言書に『いごん』と書いてあるのだが・・・?まとめ

 

まさかこんな意味があるとは思いもよりませんでした。

 

野崎幸助氏は『寄付』を『キフ』と書いていたり、頼むを『たのム』などと書いていましたので、私としては漢字が苦手だったから『遺言』という言葉も漢字で書けなかったんだろなと思ってましたが、どうやら違ってるようですね。

 

遺言の内容に強い効力を持たせる意思が無ければ『ゆいごん』とひらがなで書いていたはずですから。

 

私自身、ちょっと小馬鹿にしていた部分もありましたので、そこは謝罪し、真意をきちんと考えたいと思いました。

 

てことで今回はこの辺で。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

では。 (=´▽`=)ノ

 

 
スポンサーリンク
 
おすすめの記事