シンガーソングライターの槇原敬之さんが、また前回と同じ罪で逮捕されちゃいました。

 

槇原敬之が再逮捕!『世界に一つだけの花』の印税が毎年1憶あるから…

 

槇原敬之さんは歌手として有名ですが、作詞家作曲家としてはそれ以上に有名です。

 

SMAPの代表曲『世界に一つだけの花』を作詞作曲したのは槇原敬之さんです。

 

『世界に一つだけの花』はいまだにカラオケでも大人気の曲です。

 

ですが、カラオケで歌われるたびに槇原敬之さんの元へは印税が入るのです。

 

 
スポンサーリンク
 

 

槇原敬之のプロフィール

 

まずは槇原敬之さんのプロフィールからどうぞ。

 

知ってる方は読み飛ばしちゃってOKです。

 

槇原敬之が再逮捕!『世界に一つだけの花』の印税が毎年1憶あるから…1

名前:槇原敬之(まきはらのりゆき)

本名:槇原敬之(まきはらのりゆき)※芸名と同じ

生年月日:1969年5月18日

年齢:50歳(2020年2月現在)

身長:176cm

出身地:大阪府 高槻市

職業:シンガーソングライター

最終学歴:青山学院大学 文学部 中退

 

1999年8月26日にも逮捕されています。

 

今から20年ちょっと前ですね。

 

逮捕の理由は沢尻エリカさんと同じです。

 

この1回目の逮捕の時には同性愛も発覚して大きな話題になりました。

 

多くの方達に取り返しのつかないご迷惑をかけてしまい、お詫びする気持ちをどう表現して良いかわかりません。潔く罪を認め、いかなる処分も受けなければならないと思っております。
寛大な判決が下りました今も、法を犯すことの重大さを痛感いたしております。今後は、絶対にこの様な事を起こさないことを、堅くお約束いたします

 

とコメントし、謝罪しました。

 

この時に背負った借金は7億円にものぼりました。

 

 
スポンサーリンク
 

 

印税とは?

 

印税ってのは著作権みたいなものです。

 

ほとんど同じ意味として解釈しても問題ありません。

 

CDが買われたり、レンタルされたりダウンロードされたり、カラオケで歌われたりすると、ジャニーズ事務所に印税が入るわけです。

 

印税の中には作詞税、作曲税、歌唱税の3種類があり、槇原さんに入るのは当然、作詞税と作曲税の二つです。

 

これだけ有名な曲ですから、大量の税金が毎年槇原さんのもとに入っています。

 

カラオケ印税の場合、具体的には一度歌われると2~7円が槇原さんのところへ入っていくようになってます。

 

これで1億円以上もの金額を安定してキープしているそうです。

 

槇原敬之が再逮捕!『世界に一つだけの花』の印税が毎年1憶あるから…

 

槇原敬之が再逮捕!『世界に一つだけの花』の印税が毎年1憶あるから…2

 

2003年には槇原敬之さんが作詞・作曲し、SMAPに提供した『世界に一つだけの花』が売上200万枚以上を記録しました。

 

その後も伸び続け、2016年のSMAP解散に伴い300万枚を突破しました。

 

このヒットを受け、翌年の春の選抜高校野球入場行進曲にも選ばれました。

 

『世界に一つだけの花』が最初にリリースされてからもう17年も経つんですね。

 

あまりに人気過ぎて、いまだにカラオケでも歌われ続けています。

 

そしてカラオケで歌われても槇原敬之さんには印税が入るのです。

 

17年年前から毎年1億円以上という事はもう20億円以上かも知れません。

 

もしかしたら30億円を越えている可能性もあります。

 

この不労所得のようなお金があるからこそ、アレを買うお金には困らないんですよね。

 

アレは依存性が極めて高く、なかなかやめられないそうです。

 

槇原さんは完全に立ち直っていたように見えましたが、再発してしまいました・・・。

 

そして、『世界に一つだけの花』で得たお金がそんな事に使われていたのもすごく残念です。

 

それにしても・・・平成を代表する男性アイドルグループの最も人気のある曲が犯罪者によって作詞作曲されたものって、なんだか悲しいですよね。

 

槇原敬之が再逮捕!2度目の復活はもう無い可能性が高い

 

2019年は芸能人の逮捕が本当に多かったです。

 

そこで最も注目されたのは依存性でしょう。

 

20年以上経っても、やっぱり克服出来ないものなんですね・・・。

 

一度は華麗に復活した槇原敬之さんですが、最近逮捕された他の芸能人の事情を考えると、もう一度復活する可能性は極めて低そうです。

 

槇原敬之が再逮捕!『世界に一つだけの花』の印税が毎年1憶あるから…まとめ

 

槇原敬之さんがこの後どうなるかはわかりません。

 

初犯ではないですから、執行猶予が付かないかも知れません。

 

いきなり実刑の可能性もあります。

 

でもそうなっても『世界に一つだけの花』の印税があるからこそ、お金は入り続けるわけです。

 

『お金もあるし、外に出たらまたやる可能性が高い』ですから、もうずっと檻の中に入ってる方がいいのかも知れませんね。

 

これからどうなるのか行方を見守りましょう。

 

てことで今回はこの辺で。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

では。

 

 
スポンサーリンク
 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事