今回は最近話題のものまね芸人『Mr.シャチホコ(ミスターシャチホコ)』さんの話です。

 

Mr.シャチホコ(ミスターシャチホコ)とは?嫁さんとかハゲとか解説e

 

和田アキ子さんのモノマネをされていることが多いです。

 

しかし知らない方もまだ多いようですので、どんな人なのか簡単にまとめてみました。

 

話題の奥さんとか、秘密の髪型についても触れていきます。

 

 

Mr.シャチホコ(ミスターシャチホコ)のプロフィールとハゲについて

 

まずは簡単にプロフィールをまとめました。

Mr.シャチホコ(ミスターシャチホコ)とは?嫁さんとかハゲとか解説1

名前:Mr.シャチホコ(みすたーしゃちほこ)

本名:前田 晃克(まえだ てるよし)

生年月日:1993年3月19日

年齢:27歳(2020年6月現在)

身長:178cm

血液型:O型

出身地:愛知県 あま市

趣味:ものまね

特技:ボクシング

好きな食べ物:不明

好きなアーティスト:Mr.Children

尊敬する人:和田アキ子

職業:ものまねタレント

出身高校:県立中村高等学校(愛知県の男女共学の公立高校)

出身大学:日本体育大学

所属事務所:オフィスK

経歴:

幼い頃から目立ちたがり屋で、Mr.Childrenの桜井和寿のものまねを高校生の時からやっていた。

夢は高校の体育教師だったが、大学生時代のある日、自分のものまね動画を撮りYouTubeにアップしてみると2万再生を突破。

これがきっかけでものまね番組にスカウトされた。

大学3年生(21歳)の時から、芸人としての活動を開始。

2018年後半、25歳の時に和田アキ子のしゃべりものまねでブレイク。

2019年1月、同じくものまね芸人である『みはる』と結婚。

 

プロフィール画像を見てもらうとわかる通り、髪はかなり薄いです。

 

なのに年齢はまだ26歳です。(この写真撮影時はもっと若かったかも)

 

これは一般的なサラリーマンなら辛いところですが、芸人にとってはこんなにオイシイキャラ設定は無いですよね。

 

素人なりの考えですが、和田アキ子さんのものまねで1回ウケて、カツラとって2回ウケて、年齢言って3回目の笑いをとこともできそうです。

 

体育教師を目指して日体大出身、ということでかなりゴツい体をされているのも特徴的ですね。

 

Mr.シャチホコさんはもう結婚されているのですが、その奥さんが衝撃的な方だったのです!

 

 

Mr.シャチホコ(ミスターシャチホコ)の衝撃の嫁『みはる』って誰?

 

上のプロフィールでもちょろっと書きましたが、奥さんはものまね芸人のみはるさんです。

 

Mr.シャチホコ(ミスターシャチホコ)とは?嫁さんとかハゲとか解説2

 

こんな方です。

 

写真ではわかりにくいですが、衝撃的なのはその年齢です。

 

なんと50歳です(2020年6月現在)

 

ということは、Mr.シャチホコさんとみはるさんの夫婦の年齢差は23歳です!

 

23歳って・・・もう親子ですよね。

 

母親より年上の女性と結婚する人ってごくたまにいますよね。

 

アメリカでは友人の母と結婚するケースが多いらしいです。

 

元メジャーリーガーのホームラン王『サミー・ソーサ』なんかは有名な話です。

 

子供作ったりはたぶん出来ないでしょう。

 

ちなみに芸能人の高齢出産では、坂上みきさんの53歳という記録があります。

 

ということはまだ出産のチャンスがあるのでしょうか。

 

滝川クリステルさんの高齢出産も話題になりましたが、それより年齢は上ですからね。

 

ちなみに単純な世界最高齢出産のギネス記録は、自然妊娠自然出産では57歳という記録があります。

 

帝王切開だったり、体外受精だったりと細かなレギュレーションの違いでたくさんの記録がありますので、気になる方はぜひ調べてみてください。

 

プロポーズはMr.シャチホコさんの方からされています。

 

 

Mr.シャチホコ(ミスターシャチホコ)とは?嫁さんとかハゲとか解説まとめ

 

以上、今回はMr.シャチホコ(ミスターシャチホコ)さんについて調べてまとめてみました。

 

Mr.シャチホコ(ミスターシャチホコ)とは?嫁さんとかハゲとか解説3

 

最後にお二人の2ショット写真を載せておきます。

 

Mr.シャチホコさん、ニットキャップ被ってると爽やかな好青年に見えます。

 

みはるさんもすごく若く見えますね。

 

50歳には見えません。

 

これからのお二人の活躍に期待しながら今日もテレビを見たいと思います。

 

ということで今回はこの辺で。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

では。 (=´▽`=)ノ

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事