お笑いコンビ『チュートリアル』のボケ担当、徳井義実さんが税金の申告漏れで話題になっています。

 

徳井の個人事務所チューリップとは何の為に作られた会社なの?e

 

徳井さんの話によると、徳井さん自身はチューリップという個人事務所を設立し、この会社が納税をしていなかったという事です。

 

このチューリップ、一体どんな会社なのか?

 

なんのために作られた会社なのか?

 

規模はどのくらいなのか?

 

調べてまとめてみました。

 

 
スポンサーリンク
 

 

徳井義実のプロフィール

 

まずは今回の騒動の主役、徳井義実さんのプロフィールからどうぞ。

 

知ってる方は読み飛ばしちゃってOKです。

 

徳井の個人事務所チューリップとは何の為に作られた会社なの?1

名前:徳井義実(とくいよしみ)

生年月日:1975年4月16日

年齢:44歳(2019年10月現在)

身長:178cm

出身地:京都府 京都市 左京区

職業:お笑い芸人、俳優

所属事務所:吉本興業

最終学歴:花園大学 文学部 中退(京都の私立大学、偏差値35)

 

今回の騒動が起きた2019年10月時点で、レギュラー番組13本を抱える超売れっ子芸人です。

 

お笑い芸人としては1995年から活動していますので、今25年目ですね。

 

2006年にはM-1グランプリで優勝、2007年にはR-1グランプリで準優勝するなど、お笑い芸人としての実力は相当高いと思います。

 

また、世間からはイケメンと言われており、よしもと男前ランキングの2003年~2005年、3年連続1位を獲り、殿堂入りしています。

 

ルックスの良さからか20本以上のドラマ出演も経験されています。

 

他にも徳井さんに関してはこんな記事を書いています。

 

お暇でしたらまた読んでみてください。

 

 
スポンサーリンク
 

 

徳井の個人事務所チューリップとは?

 

徳井の個人事務所チューリップとは何の為に作られた会社なの?2

 

ここからが本題になります。

 

徳井さんの設立した会社『チューリップ』について詳しく解説していこうと思います。

 

株式会社チューリップとは?

 

2009年に徳井義実さんが設立。

 

社員は徳井さん一人だけ。

 

テレビやラジオなどの出演料を、株式会社チューリップを通じて吉本興行から受け取っていた。

 

株式会社チューリップ、なぜ?何のために作られた?

 

ここからは超本題です。

 

この会社、徳井さんは一体何のために作ったのか?ですよね。

 

これはズバリ節税の為です。

 

脱税とは少し意味が異なります。

 

節税とは、国に支払う税金を少しでも少なくするための行為です。

 

脱税とは、本来払わなくてはいけない税金をごまかして払わない行為、つまり犯罪です。

 

節税は違法ではなく、税金を少なくするための工夫なわけです。

 

結果、自分の実収益を増やす事が出来ます。

 

報酬を個人として受け取るのか、会社として受け取るのかの違いで後に手元に残るお金に違いが出てくるわけですね。

 

徳井さんはこの会社チューリップを通して収入を受け取っているわけです。

 

つまり衣装代や旅行代等を経費として自分で好きなように処理しているのです。

 

そうした方が日本の税金のシステム上オトクなのです。

 

例えば年間のテレビ出演料が1億円あったとしましょう。

 

この内、4割の4000万円を吉本がもっていくとします。

 

さらにここから税金や保険料など、合わせて3000万円が引かれたとします。

 

※あくまで例え話です

 

すると芸人さんに入ってくるのは残りの3000万円ですよね。

 

芸人からすれば『手取り3000万円』になるのです。

 

しかし徳井さんのように個人事務所を通しているパターンを考えてみましょう。

 

吉本から払われる金額は6000万円、これは変わりません。

 

これを会社『チューリップ』として受け取り、そこから経費としていくらか落とし、法人税やその他税金を支払い、残った金額を徳井さんの収入にすると。

 

この経費と法人税の部分がポイントで、ここをうまく工夫すれば合法的に自分の実収益を増やす事が出来ます。

 

法人税なんかはある程度収入が増えてくると、個人として支払う税金より低くなるんです。

 

例えばトータル控除を1000万円にすると、自分の収入は5000万円に出来ます。

 

控除を5000万円にすると(衣装代や旅行代を経費として計上すると)徳井さんの実収入は1000万円+服+旅行とかに出来るわけですね。

 

さらに株式会社チューリップとしてお金を貯める事も出来ます。

 

お金の配分をどうするかなどは税理士さんや会計士さんなど専門家を交えて決めてもいいのですが(もちろん自由にできる金額には限界がありますが)サラリーマンのように固定金額をもらうよりも自分の実収益を増やすことが出来ます。

 

日本で働く人の9割以上がサラリーマンですから、ほとんどの方は法人税とか経費とかよくわからないと思います。

 

税金関連や保険も基本は会社任せですからね。

 

だけどこれを自分でやると『めんどくさいけどお金を増やせる』ということです。

 

チューリップはそのための会社というわけですね。

 

徳井の個人事務所チューリップとは何の為に作られた会社なの?まとめ

 

以上、今回はチュートリアル徳井さんの作った会社『チューリップ』について調べて書いてみました。

 

節税のための会社、という事でしたよね。

 

これ、賛否あると思います。

 

私は節税が違法ではない事をはっきりわかっているので『徳井さんって賢いな』って思うのですが、世間ではこう思わない人が多いでしょう。

 

だって自分の実収入を上げるためだけの会社ですからね。

 

やれ「強欲だ、金の亡者だ」と批判する方はかなり多いでしょう。

 

これを書いている私自身もサラリーマン時代はそう思っていたでしょうが、今は違います。

 

節税って大事なんですよ、ほんと。

 

最後に、これだけは言わせてください。

 

今回のこの記事はあくまで『株式会社チューリップ』の説明です。

 

徳井さんが起こした、税金申告も漏れ騒動はかなり悪質なものであり、批判されるべきものです。

 

上でさんざん賢いとか上手いとか褒めましたが、これは個人事務所を作って節税する手法の事であって、節税はしても絶対に脱税はしてはいけません。

 

徳井さんは追加徴税であるペナルティというか罰金的なものをすでに支払っています。

 

つまり、すでに罰は受けていて法的には問題無いなのですが、世間的にはこのままでは許されないでしょう。

 

客やファンあっての仕事ですからね。

 

私はなんらかの処罰は受けるべきだと思います。

 

他にも徳井さんに関してはこんな記事を書いています。

 

お暇でしたらまた読んでみてください。

 

てことで今回はこの辺で。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

では。 (=´▽`=)ノ

 

 
スポンサーリンク
 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事