お笑いコンビ『アンタッチャブル』の柴田英嗣(しばたひでつぐ)さんの動物知識が話題になっています。

 

テレビでも色々な知識を披露されているのですが、今回は私が特に面白かったと思うものを選んで紹介してみようと思います。

 

アンタッチャブル柴田の天才的にすごい動物知識、衝撃のBEST7紹介!

 

面白かったというよりは、意外なものや感心したものがメインになります。

 

もちろん人によって、知っていた知らなかったは違いますので、順位はあまり気にせずに生あたたかい目で読んで頂けると幸いです。

 

 

アンタッチャブル 柴田英嗣のプロフィール

 

まずは簡単に柴田英嗣さんのプロフィールを紹介しておきます。

 

知ってる方は読み飛ばしちゃってOKです。

 

アンタッチャブル柴田の天才的にすごい動物知識、衝撃のBEST7紹介!1

名前:柴田 英嗣(しばた ひでつぐ)

生年月日:1975年7月15日

年齢:44歳(2020年3月現在)

身長:167cm

体重:53kg

出身地:静岡県 清水市

職業:お笑い芸人、『アンタッチャブル』のツッコミ担当

最終学歴:東海大学工業高校(静岡県の私立高校、現在は東海大学附属静岡翔洋高校、偏差値45)

 

柴田英嗣さんと言えば色々ありまして、長らく『アンタッチャブル』として活動していませんでしたが、2019年11月末にバラエティ番組『全力!脱力タイムズ』にて電撃復活し、話題になりました。

 

こちらで詳しく解説していますので、お暇でしたらまた読んでみてください。

 

それにしても、アンタッチャブルがM-1グランプリで優勝したのは2004年です。

 

あれからもう16年も経つんですね。

 

 

アンタッチャブル柴田の天才的にすごい動物知識、衝撃のBEST7紹介!

 

では早速紹介していきましょう!

 

アンタッチャブル柴田の天才的にすごい動物知識、衝撃のBEST7紹介!2

 

あなたがすでに知っているものがあったらすみません。

 

アンタッチャブル柴田の動物知識 ①カバは常に死と隣り合わせ

 


長くないどころか、むしろ弱点では?

5分過ぎると溺死しちゃう可能性が高いんですよね。

水辺は危険過ぎるので陸で生活した方がいいのかと思います。

 

アンタッチャブル柴田の動物知識 ②キリンの角は実は5本もある

 

これこないだテレビでやってたんで、知ってる方多いと思います。

まさかの奇数というね・・・。

けどキリンがツノ使ってるとこ見た事ありません。

動物にはこういう不要な機能が多過ぎる気がします。

退化の途中なのかも知れませんね。

 

アンタッチャブル柴田の動物知識 ③イルカは目が悪い

 

イルカって全然目が見えてないじゃん!

と思わせつつ0.1ありますので、人間の中にもイルカより目の悪い人はわんさかいます。

どうやって視力検査したのかはわありません。

 

アンタッチャブル柴田の動物知識 ④馬は一日8万回噛む

 

人間の咀嚼回数は一日1860回ほどだそうです。

馬は人間の43倍もよく噛むんですね。

噛み終わる前に喉の奥へ流れていっちゃいそうです。

 

アンタッチャブル柴田の動物知識 ⑤羊には上の歯が無い

 

食べ物は下あごを横方向に動かして、すり潰して食べます。

だから人間とは違うあんな口の動きになるんですね。

視界の広さは目の悪さを補うために進化したのではないでしょうか。

というか、バンザイしてる子羊かわい過ぎます!

 

アンタッチャブル柴田の動物知識 ⑥毒を持ってるリスがいる。しかもかわいい

 

まず毒があるだけで驚きですが、どこから出すのかが気になります。

襲ってきた相手のオナカを後で壊すことは出来ますが、その時には自分はすでに他界しているのでは?

動物の能力には謎が多いです。

興味深いです。

 

アンタッチャブル柴田の動物知識 ⑦熊に死んだふりは効かない

 

この知識のおかげで私の生存率は大きく上がりました。

死んだふりしてると食べられる確率100%です。

逃げるか戦うかの二択です。

 

アンタッチャブル柴田の動物知識 ⑧ハイエナは普通に強い

 

時速50kmを何時間もキープって、それもうバイクじゃないですか。

しかも噛む力が強いって、もう死肉を漁る必要が無いのでは・・・?

相手がライオンとかだと、ガチって勝つのはさすがに無理なんでしょうけども。

 

アンタッチャブル柴田の動物知識 ⑨セイウチは牙で歩く

 

この投稿をInstagramで見る

 

セイウチに尻ぶっ叩かれた #セイウチ #体長3メートル #体重1トン #牙1メートル #その牙で土を掘って貝を取る #その牙を使って海から氷の上に上がる #その牙を歩く時の前足として使う #あと武器 #いやあとってそれメインだろ #北極グマが嫌い #嫌いっていうか天敵な #北極グマが来たら長い牙を使って… #逃げる #いや逃げんのかい #もはやダッシュ #戦えよ! #そして刺す #どこに?? #隣で寝ていた仲間に #いや可哀想かよ!! #刺すっていうか刺さる #説明いいから抜いてやれ #刺さると痛い #言わなきゃダメかそれ!? #続きはまた今度 #続きあんのかよ! #伊勢シーパラダイス

アンタッチャブル柴田(@shibata_untouchable)がシェアした投稿 -

セイウチのキバって、もう手足と同等の役割なんですね。

ポケモンの設定みたいです。

キバが怖すぎるので、野生のセイウチを見たら真っ先に逃げましょう。

日本周辺の海に野生のセイウチはいませんが。

 

 

管理人のとっておきの動物トリビアを紹介

 

以上、アンタッチャブル柴田さんの動物トリビアを紹介してみました。

 

ちょっとしたミスでベスト9になっちゃいました。

 

「知っているのが多かったよ」という方がおられましたら申し訳ありません。

 

ではここで私が知ってるとっておきのトリビアをひとつ。

 

10個目ですね、それは・・・

 

『サイのツノは、毛が集まって出来ている』

 

実はこれもこないだテレビでやってたやつなんです(笑)

 

具体的には、硬いヒゲみたいなのがギッチギチに密集してツノの形を作ってるって感じなんですよね。

 

これ知った時はなかなかの衝撃でした。

 

でもいくら毛と言っても、ガッチガチに固まってるんで、一般的な動物の『骨が変形したツノ』とそうそう変わらないんですよね。

 

サイに襲われた時はツノに注意しましょう。

 

あいつらのツノに見える毛の塊は、一般的なツノと同じ攻撃力を持ってます。

 

 

アンタッチャブル柴田の天才的にすごい動物知識、衝撃のBEST7紹介!まとめ

 

以上、今回はアンタッチャブル柴田英嗣さんの動物知識を紹介してみました。

 

こういう雑学的な記事は私自身書いてて楽しいですし、多くの方にも楽しんでいただけますので、もっと増やしていきたい思いです。

 

また機会があれば第2弾、第3弾書いてみようと思います。

 

最後に最初に紹介していました、アンタッチャブル関連のもうひとつの記事の紹介です。

 

お暇でしたら、また読んでいただけると嬉しいです。

 

てことで今回はこの辺で。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

では。 (=´▽`=)ノ

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事